8月25〜26日

鹿児島県に1泊2日の旅行に行ってきました。
校卒業旅行以来の久しぶりの鹿児島です!
終始雨に降られましたが、それなりに楽しんできました〜。






旅の詳細は↓の旅行記にまとめました!


 3月5日

川崎市多摩区にある生田緑地に行ってきました。

冬枯れで、緑地というには緑が少なかったのですが、
広大な土地には多くの樹木や植物がありました。
春や夏にはさぞかし緑に溢れているのでしょうねえ。

生田緑地

生田緑地



こちらは生田緑地に隣接する日本民家園。
日本各地から移築された民家が建っています。
農家や倉庫等がありました。

途中、茅葺き屋根の補修が行われている民家があり、
興味深く観察したりしました。

かなりの軒数で全部は見切れませんでした!
大変面白いので、また後日行こうと思ってます。

日本民家園

日本民家園



日本民家園に隣接する岡本太郎美術館にも立ち寄りました。
絵画に彫刻にと、岡本太郎というアーチストの表現したいものが
とてもよく伝わってくる美術館。
エネルギッシュでした!
渋谷駅の連絡通路に展示されている「明日の神話」の原画もありました。

美術館内は撮影禁止なので、外にある彫刻を撮影してきました。

樹霊

母の塔

 2月15日

『第三回 高円寺演芸まつり』に行ってきました!
 9日から開催されていたのですが仕事で行けず、
 本日やっと観に行くことが出来ました。
 
高円寺演芸まつりは、高円寺のいくつもの店舗に高座を構えての演芸イベント。
 あちらこちらに演芸まつりの幟が立って、高円寺はまさに落語天国という感じです!
 
本日は二軒回りました。
 最初は炭火焼だいにんぐ「わたみん家」で開催された『わたみん家寄席』。

わたみん家寄席

 出演は川柳つくしさん、三増紋右衛門さん(曲独楽)、
 柳家小せんさん。
 
つくしさんは、お母さんをどうにか健康診断に連れて行こうという噺。
 川柳は「かわやなぎ」と読みます。
 昨年観た川柳川柳さんで覚えました(笑
 
紋右衛門さんは独楽を使った曲芸。
 天井が低くて、大きな独楽の芸に難儀してました!
 
トリの小せんさんは『猫の災難』。
 酒呑みのいじきたなさが、これでもかってくらい演じられてました。
 

二軒目は居酒屋カフェ「じっこ」での『じっこ寄席』。

じっこ寄席
 
出演は立川吉笑さん、翁家和助さん(太神楽)、桂文治さん。
 
吉笑さんの舌打ち噺は、舌打ちの仕方で思っていることを理解させようという
 奇想天外な噺。
 舌打ちというネタだけでこんなに噺を広げられるとは!
 ちなみに先月から高円寺在住だそうです。
 
和助さんは色々な道具を使った曲芸。
 咥えた棒での土瓶芸は、失敗の処理もお見事!
 
文治さんは「幽霊の辻」。
 大きな声と大きなアクションで聴衆を引き付けます。
 途中、子連れ親子が入ってきました。
 子供が大騒ぎして大変聞きづらい状況になったのですが、
 その聴衆のストレスもしっかり拾ってギャグにする所は流石!
 
高円寺演芸まつりは2月17日まで開催してます。