赤レンガ倉庫

「こどう」受付

「こどう」展

 

「こどう」展

「こどう」展、子供クラス

色墨体験コーナー

墨の知識を知る

 

 

12月22日(水)〜26日(月)

としぼーがスタッフの一員をしていた書道展『こどう』が、
12月22日(水)〜26日(日)に
横浜赤レンガ倉庫1号館にて 開催されました。

『こどう』は2回でひとつの展覧会。
1回目は4月に鎌倉にある円覚寺の
佛日庵にて行われました。
円覚寺ラウンド

2回目の横浜赤レンガ倉庫ラウンドの出品作品数は、
大人クラス126点。
子供クラス59点。
合計185点。

来場者数は、初日は173名。
その後クリスマスを挟んで激増。
結果的に5日間で3384名の来場者数になりました!

今回も力のこもった作品が揃いました!
書いた本人から、どんないきさつで作品が出来たか?とか、
どんな道具で書いたのか?などの制作話を聞くのも
非常に楽しかった!
ホント、この展覧会は生徒さん達の作品に支えられている...。
スタッフをやってみて、強く感じましたねえ〜。

ワークショップも充実〜。
特に3色の色墨を体験出来るコーナーは、
かなりの賑わいでした!
作品を見たあとに、その余韻で筆を手に取ってみたく
なるんでしょうねえ。

あと、墨の知識を学べる張り紙がありまして、
これが大好評でした!
墨がどのようにして作られ、
どのような性質を持っているのかが、
これで学習出来るのです。
制作には2ヶ月かかったそうです。
いやはや...。

ともあれ『こどう』は大成功のうちに閉幕。
ご来場していただいた方々と、
『こどう』の開催に尽力していただいた皆様に
心より御礼申し上げます!

 

 

赤坂サカス広場

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマト

ヤマト・ギャラリー

 

 

11月29日(月)

赤坂サカス広場へ、
映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
15m模型
を見に行ってきました!

波動砲の発射口が、アニメと比べてだいぶ小さい印象でしたが、
細かいディテール部分や、戦艦の質感等はよく出来てました!

ヤマトの側にある“ヤマト・ギャラリー”には、
映画の中で出演者が実際に着用した衣装や小道具、
撮影に使われたミニチュアなどが展示されてました!
コスモゼロやコスモタイガーの模型が
懐かしかった〜!

ちなみに展示場スタッフやTBS受付嬢は
ヤマト衣装でした!

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は12月1日公開。

秋川渓谷

払沢の滝

払沢の滝周辺の紅葉

瀬音の湯

宿泊コテージ

きのこ鍋

広徳寺

11月16(火)〜17日(水)

秋川渓谷上流へ、1泊2日で紅葉を見に行ってきました。

紅葉はまだ7分という感じかな?
見ごろまであと一週間というとこでしたねえ。
それでも秋川渓谷からの眺めはなかなかでした!

1日目は払沢の滝へ。
正面から見た滝は大変上品な印象。
真横から見ると一転、
荒々しいエネルギッシュな印象を受けました!
ちなみに払沢の滝は日本の滝百選に選ばれているそうです。

宿泊は「瀬音の湯」
以前、秋川渓谷に来た時に、ここで温泉に入りました。
その時、宿泊コテージがあることを知ったのですが、
これがなかなか良さそうということで、
いつか利用してみたいと思ってました〜。

コテージの種類は、
平屋建てバリアフリーの「デラックスタイプ」と、
2階建ての「メゾネッ トタイプ」。
今回はメゾネットタイプに宿泊しました。

秋川渓谷沿いに建っていて、見晴らしも良いです!

宿泊コテージにはキッチンがあり、
食事を作ることが出来ます。
この日は瀬音の湯敷地内にある物産販売所で食材を購入。
きのこ鍋を作りました。
味付けは醤油のみで、きのこからのダシが出て、
かなり美味くできました!
すっかり自分のうちのようにリラックスしてしまい、
地酒を飲みながらソファーで眠りこけてしまいました(笑

翌日は午後まで瀬音の湯で温泉を楽しんだり。
散策したりしての〜んびり。

夕方近くなって、武蔵五日市駅方面にバス移動。
銀杏が見所という広徳寺へ。

門をくぐると、2本の大銀杏が見事に紅葉してました!
秋川渓谷周辺にはそれほど見所が無いと思っていただけに、
これは予想外なことでした。
坂道を徒歩で行ったので、ちょっと大変でしたが、
そこまでするだけの価値は充分にありましたねえ〜。


女木島/20世紀的回想

男木島/雨の路地

犬島/銅の精錬所

豊島/あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする

宇野港/宇野のチヌ

小豆島/小豆島の家

直島/草間弥生のかぼちゃのオブジェ

9月14日(火)〜17日(金)

3泊4日で瀬戸内国際芸術祭を観に行ってきました!
島めぐりをしながらのアート作品めぐりは、
とても疲れました(笑)が、
かなり楽しく充実したものでした!

島から島への移動手段は全て船(当たり前か)。
普段電車やバスしか使わない自分にとって、
瀬戸内海の島々を見ながらの移動は、
とても新鮮なものでした...。

作品の形態は多種多様。
展示する島の風土や歴史に繋がる
テーマのものが多かったです。

どの作品も素晴らしく、
ひとつひとつじっくり時間をかけて観たかったのですが、
とにかく時間が無かったです^^;
恒久的に展示される作品もあるそうなので、
いつか機会があったらまた行きたいですね!

あと、島の人達にもこのイベントに
賭ける強い思いを感じました!

10月31日まで開催!

 



[プロフィール]
[ギャラリー][素材集][リンク]
[旅行記]
[フト日記][掲示板]