三峯神社

お犬さま

随身門

本殿

奥宮参道

奥宮

もやがかかる参道

6月13日(土)

秩父にある三峯(みつみね)神社に行ってきました〜。

三峯神社の由来は景行天皇(垂仁17年 〜 景行60年)の時代にまで遡ります。
景行天皇に東国に遣わされた日本武尊がこの山を登り、
平和を祈願したことがこの神社の始まりだとか。

三峯神社の狛犬は「お犬さま」。

************************************
今から1900年ほど昔、
第十二代景行天皇の皇子日本武尊が東夷御平定の帰り道に
山梨県から奥秩父の山々を越えて当山に登り、
初めて三峯神社を祀られた時、
道案内をつとめたのが山犬でその忠実さと勇猛さによって
三峯神社の御眷属に定められたと伝えています。

(三峯神社HPより引用)
************************************

江戸時代に、農作物を荒らす猪などの獣を秩父の山中に棲息する狼が
霊力を使って追い払ってくれると信じられたということも
「お犬さま」が崇められるようになった理由だとか。
“狼”でなく“犬”という所が謎ですが?

参道と境内には高い杉の木が整然と生い茂っています。
本殿はきらびやかに装飾され、とても綺麗でした。
境内は広々としていて、いくつもの社殿が固まったり、
離ればなれなったりしてに建てられてました。
日本武尊像や、この山で修行に励んだという大山倍達の碑、
お犬さまのお宮“お仮屋、 別々の木が寄り添っている
“えんむすびの木”など見所は随所です。


ひとしきり境内を歩いたあと、妙法ケ岳(1329m)山頂にある奥宮(おくみや)へ。
奥宮は往復2時間半の山道を歩いて行きます。
ここは神社の参道なので、途中いくつも鳥居があります。
斜面があったりゆるやかな道があったりしましたが、
比較的楽な山道でした。
本殿にあがる最後の道は急勾配のクサリ場でしたが...。
(この辺りからもくもくともやがかかってきました)

奥宮境内はとても狭いです。
本殿には両脇にちょこんとかわいらしいお犬さまが鎮座していました。
山頂からは霧藻ヶ峯、白岩山、雲取山が見える筈だったんですが、
濃いぃもやのため見えません!
これを楽しみに来たのに残念です...。

参拝を済ませたあと、境内の外にある木製の台の上で昼食。
ハエがぶんぶん飛んでいて非常に食べづらい...。

さて下山ですが、ますます濃くなったもやで道の先が見えません!
どうにか目先の道は見えるので帰れましたが、
ちょっと不安になりました...。
でももやがかった山道はなかなか神秘的な雰囲気でしたねえ〜。

スパリゾートハワイアンズ

ウォーターパーク

フラダンスショー

炎のダンス

スパガーデン パレオ

ワンダーブラック

 

5月8日(金)

福島県いわき市にある
「スパリゾートハワイアンズ」に行ってきました。
ここは映画「フラガール」の舞台にもなった場所です。

開業当時の名称は「常磐ハワイアンセンター」。
現在は「スパリゾートハワイアンズ」の名前で営業してます。
1970年代は高度経済成長の波にも乗って
経営も右肩上がりだったようですが、
80年代に入り施設が陳腐化したこと、
レジャーの多様化等が原因で売上もガタ落ちしたようです。

しかし現在の名称になり、
施設も大幅に作り替えてから経営が再び上向きに。
これら「フラガール」の時代以降の展開も
なかなかドラマチックそうですねえ〜。


さて、バスは11時に「スパリゾートハワイアンズ」に到着。
この日はゴールデンウイーク直後ということもあり、
バスの中はガラガラ...。
添乗員さんの話によると、昨日までは満席で
「スパリゾートハワイアンズ」も芋を洗うような
大混雑ぶりだったようです。

5時間後にバスに戻ってほしいとのこと。
5時間もあるのかー。
結構のんびり出来るなー。

...と思ってたのは大間違い...!
「スパリゾートハワイアンズ」はめっちゃ広い!!
館内の移動だけでも結構大変なのですう〜。

まずはだだっ広い江戸風露天風呂「江戸情話 与市」、
色んなタイプの風呂が楽しめる「スプリングパーク」を回ったあと、
水泳パンツを履き、館内の中央にある「ウォーターパーク」へ。
ここには広々とした温泉プールがあります。

ピザとビールをいただきながらトロビカル・フラショーを見る。
約40分の間にフラダンスショー、炎のダンスショーのパフォーマンス。
フラダンスダンスショーはとっても華麗で楽しいショー。
やってる当人達はなかなかハードなもんだと思う。
みな何度も衣装変えをしてはステージに戻って来て踊るんだもん。
にも拘わらずずうっと笑顔を絶やさない。
プロだよなあー。

炎のダンスショーは強烈だったなあ!
バーの両端に点いた炎を舐めたり、手で触ったり、
揚句の果てには体に火をともしたり(体毛にだと思うが)する!
どうかしてるよこの人達!

...以前、山下公園で炎のダンスショーをやっていた外国人と
握手させてもらったことがあるんだけど、
手の平がガサガサだったんだよねぇー...。
きっと彼等も凄いことになってるんだろうなあー。
まさに身体を張ったパフォーマンス。
敬意を表せずにはいられません...!

そのあと、変わり温泉が集まる「スパガーデン パレオ」へ。
それからまた「ウォーターパーク」へ戻り、
二つのウォータースライダーを楽しんできました!
真っ暗闇の先が見えない中を滑る“ワンダーブラック”は、
おっかないけど面白かったなあー。

あっという間の5時間。
集合時間まで30分足らず...。
着替えてバスに戻ろうと思ったけど、
温泉プールに浸かったあと身体を洗い流さないで
帰るのはどーかと...。

そこで最初の「江戸情話 与市」に戻ることに。
ぬるめの源泉を頭からじゃぶじゃぶかぶって、
猛ダッシュで服を着て、
バスが待っている駐車場へ急ぎました。
硫黄の臭いをプンプンさせながらバスの中へ...。
でも他のツアーも臭かったよね、きっと(笑

一度行ってみたかった「スパリゾートハワイアンズ」。
様々な温泉施設にプールにショー。
ここはまさに温泉テーマパークでしたねえー。
今度はもっとずっと滞在時間が欲しい。
5時間じゃとても足らないくらい楽しい!

きぶなバス

八幡山公園の奥に見えるは宇都宮タワー

つつじは一部にしか咲いてませんでした...

宇都宮タワーのそばにあるデッカイつつじ!

4月30日(木)

久しぶりにこの季節に宇都宮に帰省しました。
1泊2日だったけど、実家で沢山ご飯食べさせてもらいました(笑


東京に帰る日に、街の中心部にある八幡山公園に寄りました。

宇都宮駅からきぶなバスにて出発。
(“きぶな”は栃木の民芸品です)

公園に入るとはるか向こうに宇都宮タワーがそびえてます。
八幡山はつつじが満開かと思いきや...
一部にしか咲いてませんでした!

でも宇都宮タワーのそばにデッカイつつじが...!



次回はもっとちゃんと調べてから行くことにします...。

蔵まえギャラリー

書道展のタイトルは「跳躍」

 

展覧会会場

展覧会会場

展覧会会場

今回の書道展の幹事Mさんの作品

ももひき書!

姫洲さんの作品



花嵐

球春

春

3月13〜15日

自分が通っている書道教室の一部の有志14名が集り、
藤沢市にある“蔵まえギャラリー”にて、
「筆文字アート展 跳躍−筆萌える春−」が開催されました。
この書道展には自分も参加させていただきました!

蔵まえギャラリーは元米屋さん。
母屋と蔵をギャラリーに使っています。

今回の書道展は個性的な作品揃いで、
なかなか面白いものになったと思います。

中でも異彩を放った作品が上から7枚目のももひき書。
旦那さんの使い古しのももひきを使って書いたとのこと。
新品では墨の滲みが出ないので、使い古しがよいそうです(笑

その下の4作品は、現在カナダ留学中の書道家、
姫洲(きしゅう)さんの作品。
達者な筆使いに見入っている人が沢山いました。


そして最後の3点はとしぼーの作品。
1作品目のタイトルは「花嵐」。
嵐で桜の木が激しく揺られ、
花が舞い散っている様子を表現してみました。

2作品目は「球春」
自分的に“春”と言えば野球が始まる季節なのです。
台座(発泡スチロールに書道紙を張って色塗り)と、
芝(ダンボールを芝の形にカットして、
書道紙を貼り付け色塗り)と、
ボール(書の反故紙を丸めて作った)を作るのに2日間。
「球春」を書くのに2分という労作...(笑

3枚目は「春」。
この作品のテーマは書と漫画の融合(笑
「春」に関わる絵を書に取り込んでみました。


「花嵐」以外は、とても書とは言えない
作品になってしまいましたが、
展覧会のスタッフさんが目に付く所に置いてくれて、
とても感謝してます!

 

※今回の出品作は「ギャラリー」にて拡大版でアップしてます!

アンコール・ワット

タ・プロム

アンコール・トム

1月31〜2月4日

3泊5日でカンボジアのアンコール遺跡ツアーに
参加してきました!

これが初海外旅行です!



詳しい旅行記はこちら↓

 


[プロフィール]
[ギャラリー][素材集][リンク]
[旅行記]
[フト日記][掲示板]