天上山ロープウェイ

天上山のかわらけ投げ

久保田一竹美術館

黒岳より富士山を眺望

河口湖自然生活館前の菜の花畑より

吉田うどん

4月20〜21日

河口湖へ1泊2日の旅行に行ってきました。

1日目は天上山、産屋ヶ崎、河口湖美術館、
久保田一竹美術館へ。

天上山は民話「カチカチ山」の舞台。
山頂からは富士山の眺望が素晴らしい!
...筈だったんだけど、
曇がかかって頂上までは見えませんでしたねえ〜。
帰りにかわらけ投げをしてきました。
3枚のかわらけを投げたけど、
1枚も的に当りませんでした(笑

天上山から久保田一竹美術館までは、
バスに乗り損ねて徒歩でした。
2時間以上かかりました!

久保田一竹は著名な染色家。
室町時代の染色法である辻が花を研究し、
自分なりの辻が花である一竹辻が花を作った人です。

2日目は黒岳を登山。
ひさしぶりの登山はキツかった〜!
でも頂上の眺望は素晴らしいもんがありました。

今回は富士山を間近で見るのが目的だったんだけど、
2日とも雲がかかってて
イマイチ堪能というわけにはいきません
でしたねえ〜。

旅の最後は富士吉田で吉田うどんを食べました。
食感はすいとんのよう。

宇都宮餃子のように町の名物のようですね!

ただ今、足の筋肉痛と闘っています...(笑

 

 

 

トキワ荘跡入り口に立つ案内板

トキワ荘跡地

中華「松葉」

「松葉」入り口に貼られている「まんが道」のコピー

 

 

 

 

 

3月14日(金)

朝方にアシスタントの追い込みが終わり、
仕事場で3時間半ほど仮眠。
帰宅途中に恒例の散歩。
今回は石神井公園から池袋方面に向って、
歩けるとこまで歩こうと思いましたが、
途中でトキワ荘のことを思い出し、
以前プリントアウトしておいたトキワ荘の地図もあったので、
池袋の一駅前の椎名町まで歩いてみることにしました。

トキワ荘は手塚治虫をはじめ、藤子不二雄、石ノ森章太郎、
赤塚不二夫ら、後の漫画界を背負って立つ人材を
多く排出した場所!
いわば“漫画の聖地”ともいうべき場所なのです...!!
しかしトキワ荘は既に26年前に取り壊されています。
でもそれでも行ってみたかったんですよ。
既にトキワ荘は無いし、周囲の風景も変わってしまっているのは
分かっているんだけど、
その場所に後の巨匠達が住んで
漫画と格闘していたことを想像することで、
少しでも空気感を感じてみたかったんです。

トキワ荘への路地の入り口にはトキワ荘跡を記す看板が
立てかけられていました。
路地を入っていくとその場所がありました!
今はその場所には“日本加除出版”という会社の社屋が
建てられていました。
取り壊されたことは分かっていたけど、
これだけ跡形も無いとは...。

トキワ荘跡地近くには「まんが道」にも度々登場した
「中華松葉」が今でも営業していました。
でも建物は新築され、当時の面影をしのぶべくもありません。
松葉の入り口にはまんが道に登場した
ページのコピーが貼られていました。
ここに来る3時間前に食事をしていたのですが、
せっかくなので店に入って漫画にも登場したラーメンをいただきました。
味ははっきり言って普通の中華そばですが、
トキワ荘の漫画家達が食べた事を思いつついただきました。
まあ「まんが道」の時代から50年以上も経ってるんで
味も変わってしまっているのかもしれませんが...。
「まんが道」の満賀道雄みたいに「ンマーイ!」と
言いたかったんですが、一人なんでやめときました(笑

このあと池袋まで歩き、途中新宿に寄って帰宅。
歩数系は30000歩を越えました!!!

 

 



[プロフィール]
[ギャラリー][素材集][リンク]
[旅行記]
[フト日記][掲示板]