山王団地

 

 

 

通学路

 

 

 

二宮金次郎像

12月30日(日)

宇都宮に帰省した時に、3歳から11歳まで過ごした
宇都宮市営山王団地に行ってきました。
ここは自分が形成されていく一番重要な過程で
過ごした場所。
いつも心の中にある原風景。

前回訪ねたのは8年前。
今回と同様に冬。
8年前は自分達家族が住んでいた頃の
古い建物が取り壊され、新しい建物への建て替えが
進んでいるという状況だった。
でもまだわずかながら古い建物は残っていた。

しかし、今回訪ねてみたら団地の敷地内の建物全てが
新しいものに 変わっていた。
いずれこうなることは分かっていたけど、
やっぱり寂しいもんがあるなあ...。
たそがれた気分のまま、
すっかり変わってしまった山王団地の中を
ふらふら歩きました。

でも変わったとはいえ、虫を捕まえた林とか、
勝手に入り込んで野球をやっていた幼稚園とか、
いつも行っていた床屋さんとか、
そこここに住んでいた時の痕跡は残っているんですよね。
こういうふとしたことで記憶の糸を
つなぎ合わすことが出来るんです。

そのあと、山王団地から懐かしの通学路を通って、
小学校5年2学期まで通っていた富屋小学校に行ってみた。
通学路は昔と全く変わってなく、片側には日光街道、
もう片側には田畑が広がっていた。

山王団地から徒歩20分ほどで富屋小学校に到着。
ここは8年前に行った時はすでに自分が通っていた頃の
木造校舎はなく、
鉄筋の校舎に建て替えられていた。
しかも元木造校舎があった場所は町民センターになっていて、
校舎は後ろのほうに建てられていた。
体育館は昔のままだったが、
もう自分が通っていた頃の面影はほとんど残っていない。

でも、その町民センターの隅に当時のままの
二宮金次郎の石像は残っていた。
懐かしくなって、思わず石像の周りをぐるぐる歩く。
かなり怪しげな男(笑
学校の様子はすっかり変わってしまったけれど、
この石像があったお陰で当時の様子が蘇ってきた。

このあと、さらに日光街道を北上。
ここ徳次郎(とくじら)町は当時のまま
ほとんど変わっていなかった。
子供の頃、かなり遠くまで歩いたと思った道も、
ことのほか短い。
自分が大人になったことを感じる。

こんな風に過去を振り返るということは
後ろ向きと思う人もいるかもしれないけれど、
むしろポジティブなことなんじゃないか?と思う。
こうすることで日々の暮らしで記憶から薄れている
自分の“元”の部分を再確認することが出来る。
それは日々の暮らしで浮き足だった心身に
新たな根っこを生やし、
新たなエネルギーをもたらしてくれる。

これからも何年かしたら、
また無性にここに行きたいモードに入るでしょう。
その時までさよなら、自分の原風景!

日本平

久能山東照宮

久能山東照宮

清水すし横丁

三保の松原

羽衣の松

三保の松原から富士山

牧の原大茶園

お茶の郷博物館

12月16〜17日

12月16〜17日にハイウエイバスを使って、
一泊二日で静岡に行ってきました。
昼の12時頃、清水バスターミナル到着。
まずは日本平へ。
バスターミナルから小高い山の頂上に登ると
眼前に出ました富士山!
清水市に三保の松原。
遠くは伊豆半島まで見渡せました。

そのあと、ロープウエイで久能山まで降りました。
久能山東照宮は徳川家康が日光東照宮に移されるまでの間
埋葬されていた場所。

そのあと久能山から石段を下りてバス停へ...と思ったのですが、
ここで大きな見込み違い!
この石段、下りても下りても下に着きません!
なんと1159段もあったそうな...。
まあ、石段からの眺望が抜群だったので良しとしましたが。

清水に帰ったあと、エスパルスドリームプラザへ。
ここには清水すし横丁があるのです。
日曜の夜だけれど12月半ばの閑散期だからか、
すし横丁にはあまり人はいませんでした。
3軒ほど食べ歩いてホテルへ。
この日は2万歩も歩いたので爆睡でした。

**********************************************

翌日(17日)は清水駅前からバスに乗って三保の松原へ。
まずは御穂神社でお参り。
そのあとてくてくと松が生い茂る参道を歩いて海岸へ。
海岸に出て待っていたのは羽衣の松。
老朽化しているようで、治し治ししながら
何とか持たせているようです。

それから砂浜を富士山方向にひたすら歩きました。
2時間以上は歩いたと思います。
ほぼ同じ風景が2時間...。
日本新三景のひとつに数えあげられる風景は見事だったのですが、
こんだけ見ていると流石に慣れます(笑

清水灯台まで約2.5kmを歩いたあと、バスで清水駅まで戻り、
JRで金谷駅まで移動。
ここからタクシーで牧の原大茶園へ。
どこを見渡しても茶園茶園!

そのあと、お茶の郷博物館へ。
閉館1時間半前。
茶席の時間ギリギリでしたが、なんとか参加させてもらいました。
これが初めての茶席でキンチョーしました!
お茶が入っているのに茶碗を眺めたり、
畳と畳の間に茶碗を置いてしまったりと
作法も何もあったもんじゃない(笑
茶の湯が終わったあと、東京から来たということで、
普段案内しない奥の茶室を案内してくれました。

そのあと日本庭園と博物館内を大急ぎで見学。
とにかく広い!
とても残り時間(25分あまり)では回りきれませぬ。
かなり飛ばして全室回りきりました。

このあと、静岡市内で鰻でご飯を食べ、
20時10分発のハイウエイバスで帰京。
しかしハイウエイバスは安い!
静岡⇔東京間が往復で5500円ほどです!
電車じゃないので渋滞につまかったらエライことになりますが、
閑散期を狙えばゆとりある旅が楽しめます!!

丸の内仲通りを華やかに彩る数々のハンギング。

丸の内仲通りの庭。どれも秀逸です!

日比谷公園のゾウのハンギング!

 

 

結婚記念リレー書道。「世界一受けたい授業」でもたびたび開催されてます。

書道教室の生徒さん同士の結婚披露パーティーらしく書でお出迎え。

10月28(日)

この日の昼間は、「丸ノ内仲通りガーデニングショー2007」と、
「日比谷公園ガーデニングショー2007」へ。
丸ノ内仲通りは通りの両脇に7〜8×1〜2m程の
大きさの庭とハンギングバスケットが展示されていた。
日比谷公園のほうは庭がもっと広く、
ハンギングバスケットの数も多かった。
まさに職人芸!というような庭もあれば、
ああ、やっちゃったなあ〜という思いきりのいい(?)
庭まで、 色々あってなかなか面白かったなぁ〜。
小さなスペースでどれだけ宇宙を表現出来るか?
が勝負所。
作り手の工夫をこらした作品群に
感性を刺激されっぱなし・・・!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

夜は結婚披露パーティーのために、
昨日の書道教室に引き続いて連ちゃんで江ノ島へ。
この日、めでたく書道教室の生徒さん同士が
結ばれました!

パーティー会場が分からず、夜の海岸通りを迷いつつ、
約1時間遅れで到着(笑

結婚披露パーティーは、新郎新婦双方の知人友人と、
書道教室の生徒さん達で盛り上がった。
いつも教室で顔を合わせている生徒さん達は、
この日はフォーマルファッション。
みなカッコイイー!&キレイー!
自分は普段となんら変わらない、
シャツにジーパン姿でした(笑

パーティーではいつも教室でやっている
リレー書道(一人ずつ一画ずつ書いていく)が大盛況!
今回はくじ引きで当たった人のみがリレー書道に参加。
書道教室の生徒以外の人も混じっているので、
どんな書が出来るのだろうか予測がつかない。
が、 やはり結婚披露パーティーということで、
ハートマークがついたものとか、
相合い傘になってるものとか、反則技が横行(笑
あと、ブーケの場面で、既婚者が引いてしまうという
トラブルとか あったけど(笑
新郎も新婦も終始にこやかでシアワセそうでした〜。

しかしこういうイベントはいいね。
普段なかなか会えない、他の曜日生徒さんと交流出来るから。
なんかクラス会の感覚に似ているんだよね。



最後に・・・
お二人さん末永くお幸せに!!
(たぶんこのHPは見てないと思うけど(笑)

 

 

母親の作ったカレー

 

 

 

 

 

 

 

としぼー一押し餃子店「正嗣」!

 

 

 

 

 

 

 

「めんめん」の羽付き餃子



8月16(金)〜19日(日)

久〜しぶりのフォト日記です!
ここ1年、ひとつの仕事にかかりっきりだったので、
「としぼーのうち」もすっかり放置状態でした^^;

この1年の間にも色々なことがあり、
写真も撮っているのですが、
今更アップするのも大変なので割愛ということで...。

先日1年ぶりに宇都宮に帰省しました。
16〜19日の3泊4日です。
こんなに帰っていたのは何十年ぶりだろ?

母親は腰と足の調子が思わしくなく、
仕事を辞め、
弟は仕事でちょっとした交通事故を起こしたりと
色々あったようですが、
二人ともおおむね元気でした。

1年ご無沙汰した罪滅ぼしにと手土産持参で帰宅。
そしたら「珍しいこともあるもんだ」と
言われてしまいました^^;

弟は実家に残って、兄貴は東京で
好き勝手なことをやってる。
でもいつも心にあるのは故郷宇都宮。
ほんと、ロクに親の面倒も見ないで、
弟一人にうちを任せてしまって、
ふつつかな息子で申し訳ないと思っております。
いつか親孝行したいなあ。
せめて母親が元気なうちに...。

実家では足腰痛い母親にわがまま言って
カレー(写真上)を作ってもらいました!
↑ここでも親不幸
辛さは無く、むしろ甘いくらいのうちのカレー。
はっきり言ってこれより美味しいカレーは
数えられないくらい食べてるけど、
なんかこのカレーが食べたくなるんだなあ〜。
“カレーを食べる”というか“母親の手料理を味わう”
という感覚。
これ食べて育ってきた自分にとって
このカレーは懐かしく滲みる味なのです。
だから食いたくなるのでしょう。

17日は東京から持ってきた仕事をちょこちょこっと。
夕方はお墓参りへ。
途中にわか雨に降られてしまい、
コンビニで傘買いました^^;
18日は、居間や、帰ると寝室にしている
2階の空き部屋で
ごろごろしながらテレビで高校野球観戦と
読書の日々。
あとは母親や弟と、なんとはない会話。
時間がだらだら〜と流れています...。
普段、何かやってないと落ち着かない自分にとっては
この退屈さが苦痛だったりします...。

でも、時には実家に帰って母親や弟と
コミュニケーション取ることや、
こういうのんびりした時間を過ごすことも必要だとは
思うんです。
うちに帰るだけでも少しは親孝行になると思うし、
身体や精神の休養にもなるし...。

し、しかしやっぱり自分は常に何かエキサイティングに
動き回っていたいんすよね...!


19日、帰京の日が訪れました。
いつものように東京からやってきた相方と
恒例の餃子店巡り。
宇都宮駅ビルの「宇昧家」から始まり、
「正嗣」「みんみん」「めんめん」と食べ歩きました。

「宇昧家」には初めて入ったんですが、
まさに宇都宮餃子の伝統を受け継ぐオーソドックスな味。
一緒に注文したフライ餃子はフライというだけあって
ザクザクした食べ応えが楽しかったです^^

次は、もう何度となく食べている「正嗣」と「みんみん」。
「正嗣」は相変わらずの行列(写真中)。
でもそれを遥かにしのぐのが、「正嗣」のすぐ近くにある
「みんみん」の行列!
そう、「みんみん」はあのメディアで幾度となく
取り上げられている超有名店...。
宇都宮の餃子人気の、まさに火付け役なのです!
でも、今回食べ比べて改めて確信した。
やっぱり「みんみん」 よりも「正嗣」のほうが美味い!!
あの「正嗣」餃子の細かく刻んだキャベツと肉の味わいが
いつまでも口に残る感じがたまらんのです。

最後に行った「めんめん」も初めての店。
ここは羽根つき餃子(写真下)が売りの店です。
餃子専門店ではなくて、坦々麺も人気商品になってました。
ここでは餃子の他に豆腐ピータンも注文。
どちらもビールとマッチして美味かった!

時間は20時過ぎ。
宇都宮発上野行きラビット号で帰京。
3日ぶりの高円寺は落ち着く。
もう一生宇都宮では暮らせない気がする

自分なのでした...。

 



[プロフィール]
[ギャラリー][素材集][リンク]
[旅行記]
[フト日記][掲示板]