梅が瀬渓谷前の紅葉

梅が瀬渓谷1

梅が瀬渓谷2

12月11日(日)

小湊線に乗って千葉県の中ほどにある梅ヶ瀬渓谷へ。

養老渓谷駅を下り、最初は里山をぶらぶら。
途中、露天販売していたおばちゃんから
ピーナツと干し芋を買う。

山道に入りしばらく歩くと梅ヶ瀬渓谷に出た。
しかし12月も11日。
地面には落ちた色葉が沢山降り積もっていた。
それでも7割方くらいは残っていた。

日高邸跡に寄ったあと、元の場所に引き返して
渓谷を下っていく。
養老川の支流黒川は流れが穏やか。
水も澄んでいる。
ゆるゆると渓谷を下る。
高さのある断崖も多く見られ、
千葉県一のモミジの名所とたたえられた
紅葉こそ少ないが、結構景観が楽しめた。




 

「アルカトラズ」店内

12月10日(土)

今年も「としぼーのうち」忘年会が行われました!

参加メンバーは7人。

1次会は渋谷、道玄坂上にある
刑務所病院風居酒屋「アルカトラズ」で。

2次会はカラオケパセラ渋谷店で。

例年のように大盛り上がりでした!

 

高円寺ハート・トゥ・アート

永青文庫

日展

11月5〜7日(月)

3日連チャンでアート日和してきました。

5日/高円寺『第11回ハート・トゥ・アート』
6日/永青文庫特別展『近代日本画―細川家に集った巨匠たち』
7日/東京都美術館、第37回『日展』

高円寺ハート・トゥ・アートは高円寺北公園と
高円寺北会議室を使ってのアートイベント。
行くのは今回が2回目。
ここでは新しい才能に出会うのが楽しみ。
今回もいくつかの「おお!」とくる作品に巡りあえた。

永青文庫の特別展は主に日本画を展示。
下村観山・竹内栖鳳・横山大観の合作である
『観音猿鶴』があったが、竹内栖鳳の猿の絵が見事だった。

『日展』へは今年で9年連続。
友達からもらった入場券でふらっと行ってから
すっかりはまってしまった。
長谷川喜久さんや、HPにリンクさせてもらっている
丸山勉さんの作品が良かった。
今年はいつもの日本画と洋画の他に、書も観て回った。

3日も連続したので、流石にお腹一杯。
でも
いい作品は心のご馳走!

 

《写真》

上:高円寺『ハート・トゥ・アート』高円寺北公園会場

中:雨の永青文庫

下:『日展』会場の東京都美術館



会場までのプロムナードを鮮やかな旗が彩る

黄色の瓶ケースを組み立てて作ったオブジェ

中はまっ黄色の世界!

ペットボトルに入った水を蹴飛ばして、水をチョークで縁取る

乾くとふちだけ残る

10月23日(日)

横浜山下埠頭で開催中の『横浜トリエンナーレ2005』
に行く。

これは世界30カ国・地域から86名のアーチストが参加する
現代美術の祭典。

現代美術は制約が全く無い自由さが面白い。
今回の横浜トリエンナーレもそう。
理解不能なものも多かったが、そういうものは
こんなものを作りたかったんだろうな〜と
勝手に想像して楽しむ。

傾向として映像作品が多いように思われた。
個人的には奈良美智さんの作品が見られてよかった。



残念ながら館内は撮影禁止。
よって屋外展示の作品と、イベントのみ撮影してきた。

(写真上)
会場までのプロムナードを無数の旗が彩る。
この数が物凄い!
旗は風になびいてパタパタ音を鳴らす。
この音が非常に心地いい。


(写真、上から2〜3番目)
黄色の瓶ケースを組み立てて作った塔は、
螺旋階段で中に入れる。
外と中とでは全くの別世界!


(写真、4〜5番目)
堀尾貞治+現場芸術集団「空気」によるイベント。

ペットボトルに水が入っている。
それを蹴飛ばして飛び散らす。
その飛び散った水の縁を渡されたチョークで縁取る。
水が乾くと縁取りだけが残る。
こういう参加型イベントはホント楽しい。

 

12月18日まで開催。
http://www.yokohama2005.jp/jp/

延命院のシイ

大工おじさん

築地塀

10月8日(土)

mixi(ブログ)の「大江戸探検隊」コミュニティーの
オフに初参加。
谷中、根津をぶらぶら散策する。

参加人数は6人。
一人を除いて初対面。

谷中、根津には何度か行っているが、
知らない場所が意外に多かった!

やはりこの辺りはお寺や神社が多い。
どこもそれぞれに見所があって面白い。

延命院の名物のシイの大木(写真上)。
枯れかかっている木を鉄柱で支えているのだが、
ちょっと痛々しいな...。

道端の大工のおじいさん(中)。
古い建築物の柱の構造を説明していた。
いかに釘を使わずに柱の強度を保つか?

ブロックのように入り組んだ切り目を入れた柱が
魔法のように合体する。
昔の大工は凄いなあー。

築地塀(下)。
谷中ではかなり有名。
土塀に瓦を練りこんである。
まさにこの街の雰囲気にピッタリのスポットだ。

谷中から、根津に抜け、途中和風喫茶で一服してから
上野まで歩く。
上野では「さくら水産」で飲む。
とにかく値段が安い!

散々飲み食いして、一人2000円とは!

ほろ酔い気分で帰宅。
万歩計は16000歩!
流石に今日は歩いたなー。

 

モリゾー

モンゴル館

9月12〜13日(火)

愛知県で3月25日から9月25日まで開催されている
『愛・地球博』に行ってきた。
人が物凄かったり、暑かったり高かったりで
体力的にかなりキツイものがあったけど、
「行って良かったなー」というのが正直な感想。


詳細は『旅行記』にて!


←写真をクリックすると
『愛・地球博』レポートに飛びます!

 

 

母親特製カレー

 

 

 

 

 

 

 

宇都宮市内の田んぼ

 

 

 

 

 

 

 

餃子共和国

8月16〜19日(金)

宇都宮に帰省。

宇都宮に着いて、実家に帰る前に、
去年暮れに宇都宮に帰ったSと
宇都宮駅前の居酒屋で飲む。

宇都宮に帰って色々大変らしく、今回はとにかく
話の聞き役に回った。

それからほろ酔い状態で、歩いて実家まで帰る。
時間にして45分くらい。

 

二日目
午前中にお墓参りに行こうと思っていたが、
なんだかんだしてるうちに昼過ぎになってしまい、
昼休みで仕事から帰って来た母親の進言もあって、
涼しくなった夕方に行くことにした。
それまで実家でゴロゴロしながら高校野球を見る。

夕方4時頃出発。
田んぼ道をひたすら徒歩で40分かかって墓地に到着。
今回のお墓参りは二件ある。
墓地入り口にある花屋で花を買い、まずは家のお墓参り。
そのあと反対側にある、去年暮に亡くなった高校時代の
友達Fが眠るお墓へ。
物凄く活発でいいヤツだったので、こうしてお墓参りに
来てることに実感が湧かない...。

それからまた徒歩で田んぼ道を歩いて帰宅。
ここ数年は帰省するとこうして歩いてお墓参りに行くのが
定着した。

夕飯は無理言って作ってもらった母親特製カレー。
普段辛めのカレーばかり食べてる自分だが、
この野菜たっぷりでバターが効いた甘めのカレーが
大好きだ。
カレーってその家によって味があるというけど、
まさにこれはそう!
特に「美味い!」というわけではない。
普段外でご飯食べる時にアレコレ難癖つける自分なのに、
何故かこのカレーだけはOKなのだ。
不思議だ...。


三日目

昼間は高校野球を見ながらゴロゴロ。
夕方軽く散歩。
19時40分に高校時代の友達S藤と待ち合わせて、
S藤が「お勧めだ!」というラーメン屋へ向う。
味噌チャーシューと餃子、それにレバニラ炒めとビールで
かなり満腹に。
高校時代、自分と同じ人間だと思っていたS藤も、
今になってS藤なりのマインドを持ってることがよく分かる。
自分とは違うんだなあ...と強く認識する。

 

四日目
いよいよ帰京である。
今回は実家に三泊した。
こんなに居たのは久しぶりかも?

宇都宮市内をぐるぐる散歩してから、JR宇都宮駅に行き、
そこからシャトルバス(と言ってもただの関東バスじゃん!)
に乗って、最近出来た『餃子共和国』に行く。
ここは11店舗(宇都宮7店、それ以外の地域から4店)の
餃子店が居並ぶ餃子アミューズメントパーク。
趣旨は池袋ナンジャタウンの『餃子スタジアム』と一緒。
昭和30年代のオリオン通りをモデルにした町並みは
なかなか風情がある。
相方と二人で分け合って食べたので、9店舗回れた。
池袋で宇都宮以外の美味い餃子を食べてきたので、
どうかなー?と思ったが、自分的順位で1、2位が宇都宮!
やるじゃん宇都宮!!
お腹が満腹を通り過ぎるくらい食べて、『餃子共和国』を出る。

そのあと、2Fにある『JJ CLUB 100』へ。
ここは屋内で色んなスポーツが出来る施設。
いや、スポーツ施設だけでなく、カラオケや
インンターネットカフェまである凄いとこである!
会員になって、千本ノック、卓球、ミニスカッシュ、
タイムトライアル、 カラオケと遊びまくる!
これから帰省のたんびに寄ってしまいそう...。

それから再び“関東バス”に乗ってJR宇都宮駅へ。
行きは2〜30分かかったのに、帰りは10分で着いた。
こんなに早く着くと分かっていれば、
もうちょっと遊んでいたのに。


高円寺に帰った時は0時過ぎていた...。

『履』

『持』

パフォーマンス中の武田双雲さん

8月14日(日)

8月2〜14日の間に、三越日本橋店新館で行われた
『武田双雲×コールハーン トークショー&パフォーマンス』 へ。

武田双雲さんは今注目の若手書道家。
コールハーンはアメリカの歴史ある皮革製品ブランドメーカー。

最終日の今日は双雲さんの書道パフォーマンス。
アクリル板に書くという、双雲さん初のパフォーマンス。
書いている姿を裏側から見るという試みに
すっかり興奮!


写真は上から
『履』
『持』
(歩道が狭いため全部を撮影することが出来なかった)
アクリル板に書く双雲さん。

 



[プロフィール]
[ギャラリー][素材集][リンク]
[旅行記]
[フト日記][掲示板]