豪徳寺招福堂

 

 

松陰神社

 

 

太子堂(円泉寺)

6月26日(日)

気温が30度を越える真夏日の中、
豪徳寺〜三軒茶屋を散歩。

まずは東急世田谷線豪徳寺駅から豪徳寺へ。
ここは井伊家の菩提寺。
招き猫の発祥の伝説は全国各地でみられるが、
この豪徳寺もそのひとつ。
境内の「招福堂」には奉納された招き猫が一杯並んでいた。
これだけ招き猫が揃うとなんだか楽しい♪

墓域には同じような形をした代々の井伊家の墓が並んでいて、
江戸末期の大老、井伊直弼の墓もあった。

そのあと世田谷八幡宮へ。
ここに来ると「たこ坊」でたこ焼きを買うのがすっかり習慣に
なってしまった。
境内では団体で見学に来たお年より達や、
スケッチをする人を見かけた。


再び豪徳寺前に戻り、世田谷城址へ。
石段を登るとすぐに頂上へ着いてしまうほどの平山城。
今は公園になっているが、お堀の跡に当時の姿が
偲ばれる。

世田谷通りを渡って世田谷代官屋敷へ。
藁葺き屋根の建物の中は代官屋敷というよりは
農家の家という感じ...。

あまりにも暑いので、世田谷郷土資料館内で小一時間涼む。

再び世田谷通りを渡って松陰神社へ。
ここは幕末の思想家で、日本を動かした志士達に
多大な影響を与えた吉田松陰が祀られている。
江戸幕末に興味のある人は訪れてみたい人が多いのでは?

松陰神社通りを抜けて三度世田谷通りへ。
環七を渡って三軒茶屋に到着。
ここから茶沢通りを北上して、迷ったあげくに
太子堂(円泉寺)に到着。
ここはその名の通り聖徳太子を祀った神社。

境内で少し休んだあと、三軒茶屋駅へ。
三軒茶屋って勝手に高円寺くらいの街かと思っていたが、
意外と都会なんで驚いた...。

この日歩いた歩数は20000歩!
足がガクガクになりました...。

稲村ガ崎

 

小動岬の先に江ノ島が見える

6月14日(火)

梅雨の合間の晴天(のち曇り)に湘南を散歩。

稲村ガ崎駅から稲村ガ崎に行き、
昼食を食べてから七里ガ浜海岸沿いを歩く。
途中砂浜に下りる。
この季節の海岸はサーフィンをする人や、
家族連れやカップルがチラホラという程度。
静かな海だ...。

シラスを食べたかったが、ついに叶わず。
今日は休漁日か?

稲村ガ崎から延々小動岬まで歩いて、
腰越駅で藤沢に向う。
そして藤沢から横浜へ。

横浜そごうで開催されている『円空展』で、
初めて円空の彫った木像を見る。

高円寺に帰った頃はすっかり夜。
昼間、七里ガ浜を歩いていたのが信じられない
気持ち...。
でも何故か帰ってくるとホッとする高円寺。

文殊院のミニ鐘楼

 

 

 

 

板橋にある板橋

 

 

 

 

縁切り榎のガシャポン

 

 

 

 

愛嬌ある猿田彦大神

 

 

 

 

トマトのおでん

5月25日(水)

板橋の旧中山道と、巣鴨〜王子を散歩した。

まずは板橋へ。
板橋へは仕事で何度か行ったことがあるが、
散策するのは初めて。
今回歩いた場所は旧中山道の板橋宿のあった場所。

JR板橋駅から出発。
まずは駅の前にある“近藤勇墓所”へ。
墓所は街中にあるが、木に覆われ
それなりに雰囲気がある。
墓所内には新撰組ファンの想いを書いたノートも
置かれていた。
ここには土方歳三と永倉新八の墓碑も立つ。

旧中山道に入って“合格屋”で大学いもを食べる。
かじると口の中にじゅわっと蜜が飛び出す。
これがかなり美味い!

“観明寺”に行ったあと、その前にある“田丸庵”で
門前そばを食べる。

大きなスーパーの横にある“本陣跡”は石碑だけが
残っていた。

ほどなく“文殊院”へ。
ここの鐘楼が小さいー!
鐘を打つとちゃんと音が出た(当たり前か)。

やがて板橋の地名の由来になっている“板橋”へ。
今はコンクリートの橋だが、昔は木造の丸橋だったらしい。

少し歩いて“縁切榎”へ。
この榎には数々のあまりよくは無い逸話が
残っているのだが、
今は地元の名物スポットに仕立てられている。
榎の下にはなんとカシャポンが!
ガシャポンの中にはおみくじと小石が...。
これでイヤな縁を断ち切ろうという趣向らしい。
現在の榎は3代目。

やがて環七に抜けて板橋散歩終了〜。
ここ旧中山道板橋宿は江戸時代は結構な賑わいぶり
だったらしいが、
今でもかなりの賑わいぶり。
板橋の全長1.7キロの間、ほとんど人波が
途絶えることがなかった。


そのあと都営三田線で巣鴨へ。

巣鴨へは2度ほど来ているが、一度目は夜。
二度目は朝で、「お年寄りの原宿」こと“地蔵通り商店街”が
賑わっている所を見たことがなかった。
この日は結構な人出。
土日ならもっと凄いんだろうな〜。

お年寄りが多い、煎餅屋や洋品店が建ち並ぶ商店街を、
八ツ目うなぎやボタ餅を食べたりしながら歩く。
“高岩寺”でとげぬき地蔵に水をかけ、更に行くと商店街出口
付近に“巣鴨庚申塚”が。
ここの猿田彦大神のなんとも柔和な笑顔がいい!
見ているこっちも思わずにやにや。

更に都電荒川線に沿うように王子に向って歩く。
途中道を間違えながらも飛鳥山に到着。
暗闇に包まれつつある飛鳥山公園内を通り王子駅へ。
そのあと、駅の近くにある筈の、落語の“王子の狐”にも
出てきた“扇屋”を探す。
が、なかなか見つからない。
周辺を歩き回ること30分あまり。
やっと見つけた扇屋はビルの一角。
しかも閉まっている!
ちょっと(いや、かなり)ガッカリして再び駅前へ...。

王子駅前から高円寺を通過するバスに乗って帰ろうと思い、
終バスの時間まで飲む。
入った店は柳小路にあるおでん屋。
ここで“トマトおでん”なるものを食べる。
「んー、どうなんだろ?」と思いつつも興味津々で注文。
これが結構イケル!!
トマトといえば洋風な味付けしか見当がつかなかったが、
和風ダシとの相性もバッチリなのだ〜。
マスターは日本酒にかなりのこだわりがあって、
話も面白かった。

店を出たのは22時ちょっと過ぎ。
新宿西口行きバスで高円寺へ帰る。
この日の歩数は26600歩!

品川浦船だまり

 

品川神社

 

旧東海道

 

品川寺

5月18日(水)

JR品川駅から京急大森海岸駅までを散歩。

午後3時半頃、JR品川駅をスタート。
北品川商店街から旧東海道に入る。
空腹だったが、夕方開店のそば屋のために
軽く済ませたい。
ふと目に留まった和菓子店で赤飯を買う。

問答河原の碑を左折し八ツ山通りに入る。
今でも江戸の雰囲気を漂わせる、
屋形船などが繋留されている品川浦船だまりを見、
江戸湾に入ってきた大鯨を祀った鯨塚へ。

そのあと虚空蔵横丁を通って品川神社に。
境内で赤飯を食べる。
ここには品川富士という低い人口の山があり、
ここから品川の街が遠望出来る。
山の途中には頂上までの距離を表示する○合目と、
書かれた石柱が。

聖蹟公園あたりで雨。
コンビニで傘を買い
、更に先へ。
寄木神社を回って、再び旧東海道に入る。
品川寺は中国風の装い。
高さ2.75mの地蔵や七福神などで楽しませてくれる。
旧街道は江戸の面影こそないが、所々にある神社や寺、
宿場のあとが昔の街道跡をしのばせる。

先には江戸時代の刑場である鈴が森刑場跡。
途中の立会川にかかる涙橋(浜川橋)は
刑場へと運ばれていく罪人と親族が涙ながらに別れた
という逸話がある。

程なく鈴が森刑場跡到着。
火炙りの刑の鉄柱跡と、磔の刑の柱跡を見て、
思わず手を合わせずにはいられなかった。

少し歩いて大森海岸駅に到着。
京浜急行で品川に戻り、しながわ翁でそばを食べ、
更に天王洲アイルまで足を延ばし高円寺に帰る。

高円寺では久しぶりに“一夜”へ。
以前のアンティークな店内から、マスターの趣味の変化で
かなり沖縄っぽくなってる!
ここで初めて“亀の手”を食べる。

夜11時過ぎに帰宅。
この日歩いた距離は20000歩。

吉原大門跡付近

 

 

浅草公会堂前 渥美清の手形

 

 

浅草むぎとろ

 

 

両国国技館通りにある銅像

5月3日(火)

この日は長めの散歩。

午後3時半、三ノ輪駅を出発して土手通りを南下。
ここはその昔、吉原遊郭があった場所。
落語好きとしては一度訪ねてみたかった。
今はその面影は無い。
吉原大門があった場所に、有名な“見返り柳”があったが、
戦災等にあったりして、現在のものは何代目かの柳らしい。

土手通りから馬道通りに入り、
待乳山聖天(まつちやましょうてん)へ。
新緑に赤い堂が映えて綺麗だー。
境内をぐるりと回って次のポイントへ。

馬道通りを南下していくと浅草寺に到着。
GWだけあってもの凄い人だかり。
“弁天屋”のべんてん団子、“九重”のあげまんじゅう、
美味かった!
更に“梅園”で粟ぜんざいをいただく。
これは4年前のオフ会で食べた以来。
こってりこしあんと、粟餅のもちもち感がたまらん...。

人でごった返している仲見世から脇に入って、
浅草公会堂方面へ抜ける。
ここには有名人の手形が並ぶ。
渥美清の手形を発見!
手を合わせてみる。
この手で旅カバンを握っていたのかあ...。

新仲見世から江戸通りに出て南下。
“浅草むぎとろ”へ。
ここで名物むぎとろを食べる。
とろりとして弾力のあるとろろがなんともたまらず美味い。
食前に日本酒1合飲んだのでホロ酔い。
浅草寺から食べっぱなしなのでお腹も満腹...。

浅草むぎとろを出たのは午後7時。
外はすっかり日が落ちていた。
ここから更に江戸通りを南下して左折、
蔵前橋たもとにある浅草御蔵跡碑へ。
ここ隅田川左岸には、江戸時代9棟の幕府の蔵があったとか。
現在は工場や公園、駐車場になっている。

江戸通りに引き返し浅草橋駅へ。
ここで総武線に乗らずに左折、柳橋へ。
おおー、ここはまさに昔の雰囲気そのまま!
隅田川の支流にあるこの場所には昔ながらの
木造の船宿が残り、
川には屋形船が何艘も停泊している。
新しく立てかけられてライティングされている柳橋も、
古い雰囲気にとてもよくマッチしている。
今度は明るいうちに是非来てみたい。

両国橋を渡り、相撲取りの銅像が並ぶ国技館通りを通り、
ゴールの両国駅に至る。
時間にして約6時間。
16000歩余りの散歩だった。


北中商店街フリーマーケット

 

 

 

フリマで買ったもの

4月29日(金)

高円寺北中通り商店街にて第一回フリーマーケットが
開催された。

この北中通り、高円寺北にある“中通り”の先にあるのだが、
“中通り”の途中から突然名前が“北中通り”に変わる。
ある高円寺通の方の話によると、
その昔、中通りと北中通りの間に水路があったらしく、
ここから呼び名が分かれていたんだそうな。

いつも閑散としている北中通り商店街が、
活気に満ちている!
フリーマーケットは古着の販売をしている出店が多かった。
これも高円寺ならではか?
自分はJ−WAVE火曜『TR−2』(みうらじゅんと安斉肇担当)
のコーナー、「みうらじゅん情商店街」で作られた
“北中通り商店街テーマソング”のCDを求めて
出かけたのだが、
残念ながら売り切れてしまっていた!
販売店(何故か米屋)の話によると、
こんなに売れるとは思っていなかったらしく、
あまり枚数を用意していなかったそうな...。
自分の後にも次々と押し寄せる人に驚いてる様子だった。

フリマで買ったのは、洋食屋フジのカツサンドとセロテープ。
古着はどーも好きじゃないので買えない...。

とにもかくにもこういうイベントで高円寺が盛り上がるのは
嬉しいことだ♪

高円寺パル商店街にてラジオ中継

4月26日(火)

高円寺パル商店街にて、文化放送
『寺島尚正ラジオパンチ』(12:00〜12:57)の
生中継があった。
番組はWコロンの二人が進行。

高円寺名物阿波踊りコーナーでは、阿波踊りの連から
踊り手、お囃子が出演し実演。
実際の生中継の時間は短かったが、ラジオ中継の
現場を垣間見れたのが面白かった。

欲を言えば、文化放送の人気アナ、
寺島アナを見てみたかったなあ〜...。



1次会は6時間イエモン縛り!

 

 

 

3次会まで残ったメンバー

4月23日(土)

上野にて行われた、mixi(ブログ)の中にある
ザ・イエローモンキーコミュニティーの
イエモンだけのカラオケ会に参加。
参加人数は十余人。

流石イエモンファンの集まりだけあって、みんな曲知ってる!
普段のカラオケで歌えないような、アルバムの中の曲が
バンバン出てきて楽しい〜!

6時間の長丁場カラオケを終えて歌われた曲数は99曲!
幹事のろびんさんはイエモン全ての曲とリクエスト番号と
歌いだしが書かれてあるコピー用紙を用意。
参加者はただ歌うだけでいいというお見事な
用意周到さだった。
何度か幹事やってるが、とてもここまでは出来ない...。

1次会が終わったあと何人か抜け
(1次会の途中でも2〜3人抜けた)、
残ったメンバーで居酒屋へ。
ここで2時間ばかり濃いぃイエモン話に華を咲かせたあと、
再びカラオケへ。

ここではイエモン縛り無し。
年齢がバラバラ(上下差20才!)にも関わらず、
皆好きなアーティストの趣味があまり変わらなく、
ここでも大盛り上がり。
1時間ほど歌ってようやく解散。

こういうカラオケって初めて参加したけど、面白いなあ〜。
何しろそのアーティストの曲なら何歌ってもシラケないから
気を使うことが無い!
また参加したいなあ。

新しいハムスター

4月13日(水)

ちょっと書きにくかったんだけど、
先月23日にハムスターのイチが亡くなった。
2年半の命だった。


それから20日余り。
新しいハムスターを飼った。
パルパル、イチに続いて、今回もジャンガリアン。

名前:ドラ
性別:♂
平成17年3月上旬生まれ

背中の縞模様がクッキリ鮮やか。

としまえんで花見

4月10日(日)

としまえんで花見オフ。
参加者はママリンさん、ほーとんさん、ムイさん、としぼーの4人。

バーベキューバイキング形式で、桜の花びらが舞い散る中
バイキングにチゲ鍋(汗ダラダラ...)を味わう。
その後、としまえんのアトラクションで遊ぶ。
ほろ酔い気分でのアトラクションは
いつもより余計に回ってます〜状態!

としまえんを出てからは新宿に場を移し、お決まりのカラオケ。
ブログでのイエモンオンリーカラオケが控えていたとしぼー、
思いっきり練習させていただきました!

前日まで集合時間等でバタバタしてしまい、参加者の皆様には
ご迷惑かけました〜。

石神井〜秋葉原散歩経路

4月6日(水)

仕事が終わり、毎度しているように散歩して帰る。
この日は「いつもより多めに歩こうかな〜」と思ってはいたが...。

まずは仕事場のある石神井からスタート。
夜中(2時半頃)の目白通りを万歩計を付けて
練馬方面へ歩いていく。

1時間ほどで最初の目的地練馬駅に到着。
ここまでで1時間。

「この先池袋近くまでは歩こうかな?」とトボトボ。
目白通りと新目白通りとの分岐点。
目白通りを選ぶ。
ケータイカメラで写真を撮りながら歩いてるうちに目白駅に着いた。
ここまでで約2時間。
「まだ1万歩もいっとらん。 まだまだ〜!」と歩き出す。

学習院を過ぎた所で明治通りに出る。
ここから高田馬場方面へ歩き、高田馬場か新宿辺りで
電車に乗って帰ろうと思った。
新目白通りと交差する辺りで都電荒川線の線路が見える。
ふと、「こっち方面の道は歩いたことがないな...」と思い、
予定を変更し新目白通りを歩いていく。

ちょっと歩くと面影橋の所から神田川沿いへ道が分かれている。
桜も見えたのでこっちの道を取る。
神田川沿いは桜が8分咲きという感じで、なかなか綺麗。
神田川は相変わらず臭いが...。
神田川沿いに架けられた、早稲田大の学生や付近の住民
などで作っている川柳を読みながら歩いてるうちに、
江戸川公園に着く。
ここは桜の名所らしくてシートを敷いて場所を取ってる人もいる。
公園を端まで歩き切ると再び目白通りに出た。
「うひゃ〜、ここまで来ちまった!」
時計を見ると7時。歩行時間は4時間半ほど...。
ここからは飯田橋駅が近いので、そこから総武線に乗って
帰ろうと思う。

裏道を通って飯田橋駅へ。
ここで!飯田橋から水道橋方面への道が目に入る...。
「飯田橋は何度も来てるが、あの道はまだ歩いたことが
ないかも...」
その歩いたことが無いっぽい線路脇の道を入る。
少し歩くと、ホテルメトロポリタンエドモント近辺の
見たこともないアーバンな風景が広がる。
見とれながら更に先へ歩く。

と、水道橋駅に着いた...。
ここまで来ると次は御茶ノ水...。
「もうちょっと頑張れば山手線横断!?
こうなったら秋葉原まで行ったれ〜!」と俄然スピードが上がっていく。
忠弥坂を上り、再び目白通りに出て、順天堂大脇を通過後
御茶ノ水到着。
更に昌平坂を通り中央通りに出て、8時半に秋葉原駅へ。
ついに山手線横断〜!
石神井から秋葉原まで、歩数にして3万歩!
時間にして6時間の“散歩”であった。
なんか達成感...。
散歩なのに、何かをやり終えた達成感...(笑

まだあと2時間くらいは歩けるだけの余力が残っていたが、
これ以上歩くと翌日は筋肉痛で動けなくなりそうだったので
止めといた。

帰り際、テレビでもすっかりお馴染みの
神田明神通りのチチブデンキ脇にある“おでん缶”の自販機で
おでん缶を3つ買って、秋葉原駅から総武線に乗って
高円寺へ帰る。

流石にうちに帰った時はぐったりだった...。

金時山登山道 雪積もってるし...

 

 

 

 

 

金時山頂上 ここから富士山が見えるはずなのに...

 

 

 

 

 

金時茶屋 大正年間から商売を始めた歴史ある茶屋

 

 

 

 

 

南甫園 露天風呂は硫黄臭が強いにごり湯

3月14日(日)

山登り&温泉、第4弾は箱根の金時山(標高1213m)。
金時山は金太郎伝説が伝えられる山で、
登山道には金太郎を祀る公時神社 、金時手毬石、
金時宿り石など、金太郎にゆかりのあるものがある。

金時山は人気の山だけあって登山者が多い。
適当に起伏があり、途中遠くに芦ノ湖も見えて
なかなか楽しい。
しかし生憎天気悪し...。
雪もちらほら降ってくる始末...。
登山道は土の箇所がぐちゃぐちゃで、
いつすべって転んでもおかしくない状況...。
緊張しながら一歩一歩登っていく。

そしてなんとか頂上。
頂上からは素晴らしい眺めの富士山が見えるとのことで
かなり期待していたが、
生憎のこの悪天候で富士山どころか、
山の周囲の景観も霞んで見える...。
おまけに強風で寒い!
当初、頂上でレトルトカレー を温めて食べようと
計画していたが、
あまりの寒さに近くにあった『金時茶屋』に入る。

この茶屋は、金時茶屋を掲載した雑誌の記事によると、
皇太子(現天皇陛下)が金時山に登ってきた折に、
ここの娘さんを「あなたが金時娘ですか?」と
言ったことから金時娘ブームが起こり、
大勢の登山客が訪れるようになったという。
店内には登山者の入店回数が書かれた板が
ぶら下がっている。
100回、500回...、1000回!
2000回訪れた人もいる。
最高は2600回とな!


当の金時娘さんは現在72歳。
今でも毎日、麓から金時山頂上のこの茶屋まで
荷物を担いで登ってくるというから凄い!!

今回初めて登ってきた自分にも柔和な笑顔で
話しかけてくれる。
この金時娘さんの人柄も、何度も訪れたくなる要因には
違いない。

ここでおでんやら味噌汁やら追加注文して、
予定をオーバーして1時間以上居座ったあと下山。
下りは比較的楽だった。
ぐしゃぐしゃのぬかるみ道も下りる時はさほど
苦ではなかった。

仙石まで下りて、いよいよ温泉。
今回訪れたのは南甫園(なんぽうえん) 。
内風呂と露天風呂一つずつ。
サウナも無く、これまで行った中では最小の規模。
でも硫黄臭強めの露天風呂はまさしく本物の
温泉という感じ。
18時半過ぎに南甫園を出て、小田原行きのバスに乗る。
途中、道が混んでるとのバスアナウンスで、
宮ノ下から箱根登山鉄道に乗り換え、箱根湯本へ。
箱根湯本駅からロマンスカーで帰路につく。

目指すは官ノ倉山〜

 

 

官ノ倉山からの眺め。関東平野が見渡せる。

 

 

石尊山頂上

 

 

忠七めし

 

 

花和楽の湯

2月20日(日)

山登り&温泉、第3弾は埼玉県の小川町と東秩父村の
境にある官ノ倉山。

東武東上線奥にある東武竹沢駅で下車。
40分ほど歩いて、ようやく官ノ倉山登山口。
上り坂がちょっと急で、特に官ノ倉山頂上への
最後の岩場がキツかった。
官ノ倉山は低山だけど、頂上からの関東平野の
眺めがすごくいい。
ここで食う飯が美味い〜。

ふと右側を見ると、別の山の頂上らしきものが見える。
かなり遠い感じ...。

地図を見ながら次の石尊山へ向かうと、そこは
さっき見た山の頂上!
こうして歩いてみるとさほど遠く感じないもんだ...。

鎖場の岩場を降り、なだらかな山道を下ると
早くも人里にたどり着く。
小川町内に出てから、急遽“日本五大名飯”と言われる
『忠七めし』を食べることに決め、予約を入れる。

途中、大幅に道を間違えたが、
小川町から都心に通勤していたことがあるという、
犬の散歩中の親切なおじいさんに道を教えられ助かる。

忠七めしの前に地酒の製造元『晴雲』に立ち寄る。
ここで試飲して美味かった酒(1升瓶)
を買い、
いよいよ『忠七めし』へ 。
忠七めしは、柚子、ネギ、海苔などをかけたご飯に
鰹ダシの利いたダシ汁をかけて食べる。
このダシ汁がどういう風に作ってるのか分からないけど、
うんまい〜のだ!

小一時間居て、ここを出た頃には日も暮れかけていた。
最後に向う温泉、今回は『花和楽(かわら)の湯』。
小川町に2004年4月にオープンしたばかりの
新しい温泉場。
ここのお湯は...カルキ臭くない!

露天風呂は広いが、この日は一つが使えなくて、
残った湯船にまたもやイモ洗い状態(笑
うーむ、男同士のイモ洗い状態はどうも キモチいいもの
ではない(←かといって女湯のイモ洗い状態に入ったわけではないが)。
やはり土日ということで混むのは仕方ないのだろーな。

通常の温泉に入ったあと、『岩盤風呂』というものに
入ってみる。
ここにはお湯は無く、熱せられた石の上に30分ほど
寝そべるだけ。
じんわり汗が流れ落ちる。
いわゆるサウナみたいなものか?

小川町駅で、帰りの電車が乗る寸前で行ってしまった。
どうせすぐ来ると思ったが、かなり先の時間。
そうだ、ここは埼玉の奥地だったんだ...。

権現山山頂から見た秦野市街

弘法の里湯

2月6日(日)

山登り&温泉、今回は神奈川県秦野市にある
弘法山へ。

出発が遅く、登り始めたのがなんと午後3時(笑
秦野駅で弁当を買い、急いで先を急ぐ。
弘法山入り口から、最初の頂上浅間山までの
急坂がキツイ!
ようやく浅間山頂上に着き、弁当を食べる。
15分ほど歩いて権現山へ。
ここには展望台があって、秦野市街が見渡せる。

そのあとゆるい山道を行き、弘法山へ。
そこから下山までなだらかな山道を行く。
どんどん日が暮れていき、最後のほうは道が
見えないほどだったが何とか下山。
あと30分下山が遅れていたらと思うと
ちょっと怖かった...。

温泉は鶴巻温泉にある『弘法の里の湯』。
内風呂は広くて入り心地も良かったが、
ここでもカルキ臭が...。
露天風呂は小さめで、少人数でほとんど
イモ洗い状態(笑

今回目指すは幕山!

幕山の頂上からは真鶴半島が望める

ゆとろ嵯峨沢の湯

1月10日(月)

これまで何度も山登りをしてきたけど、
今回は山登りのあとに温泉を付けることにした。

登ったのは神奈川県湯河原町にある幕山。
久々の山登りで足がガクガク...。
ここはロッククライミングのメッカらしく、途中あちこちで
岩登りをしているクライマーが見られた。

四苦八苦してようやく山頂に到着。
山頂は一面枯れ草に覆われていたが、眺めは最高!

当初南郷山登山路を通って下山の予定だったが、
日が暮れそうだったので、早めに下りられる
今来た道を引き返すことにする。

帰りの温泉は『ゆとろ嵯峨沢の湯』。
道に迷っているうちにすっかり日が暮れてしまったが、
なんとか到着。
湯河原の温泉ということで期待したが、
カルキのにおいが...。

でも、露天温泉も含め広かったし、
あびせ湯も気持ちよかったのでまずまず。
しっかし山登りのあとの風呂はキモチいい〜!
しばらく続けることに決めた。

二荒山神社

1月4日(火)

宇都宮帰省中〜。

3日はてるてる、たくちゃん、K君らと飲みに出るが、
開いてる店がなかなか見つからず、
車であっちこっち走り回る。
ようやく1軒、開いてる居酒屋を発見。

2時間ほど飲んで帰宅。

4日は一人宇都宮市内をぶらぶら。
オリオン通りで、その名も『オリオン通り』 というCDを買う。
地元出身の斉藤和義と浜崎貴司が共作している。

ユニオン通りに行き、二荒山神社に寄って、
『正嗣』の餃子を土産に帰京する。

 



[プロフィール]
[ギャラリー][素材集][リンク]
[旅行記]
[フト日記][掲示板]