雪の塩原温泉郷

塩原八幡宮

『源三窟』は隠れたオカルト観光スポット?

もみじ谷大吊橋

12月31日(金)〜2005年1月2日(日)

4年ぶりに、実家の母親、弟と3人で家族旅行した。
場所は栃木県塩原温泉。

今回の旅行は弟が計画。
1日目はあいにくの大雪。
2日目以降は晴れた。
腰が悪い母親を置いて、弟と近場を回る。
年が明けて『塩原八幡宮』で初詣。

そのあと『源三窟』という鍾乳洞へ。
ここには源三位頼政の嫡孫、源有綱が
今から780年前、 鎌倉の戦に敗れてこの洞窟に逃げ込み、
再起を期して隠れ住んだという逸話が残る。
洞内に流れ出る「米洗いの滝」で米を研いだ際、
洞外に流れ出た濁った研ぎ汁を鎌倉方に発見され
哀れな最期を遂げたとの伝説にのっとり、
洞内のあちらこちらに人形が飾られてあるのだが、
これがなんともオカルトチックで...。

それから、2004年8月にも訪ねた
『 もみじ谷大吊橋』にも足を伸ばす。

ホテルの温泉は硫黄の成分たっぷりという感じで
身体に心地よし。
部屋では、温泉に入っては寝転がってテレビという感じ。
始終ゴロゴロしていた印象。
特に特別な話をする訳では無かったが、
家族でのこんな旅行は久しぶりなんで、
それなりにいい時間だった。

12月10日(金)

新宿で忘年会。
参加メンバーはママリンさん、ツカさん、ムイさん、
ほーとんさん、なつのっち、キラメキさん、としぼー。
2次会のカラオケではまんきち兄さんが
駆けつけてくれました!


晩秋の勝沼

 

 



ぶどうの丘 ワインカーブ

11月28(日)

山梨県勝沼に行ってきた。
ここは日本有数のワイン生産地で、
目的はもちろんワイン。
と言っても、本来日本酒や焼酎ばかり飲んでる身で
ワインなんて性に合わない。
でも、うちや飲み屋でワインを飲んでいるうちに
渋い甘いや自分の好みの味くらいは分かってきた。

晩秋の勝沼の街を歩き、
ちょこっとワイナリーに寄ったりもする。

この街はとにかくぶどう畑が多い!
どこもかしこもぶどう畑ばかりである。
もっともすでに摘み取られたぶどう畑ばかりだったが。

最後に町が経営している『ぶどうの丘』へ。
ここではワインの試飲が出来る。
試飲用のカップ、タートヴァンを買い、
いざワインカーブへ。
ものすごいワインの数!
樽の上に試飲用のワインが置いてある。
一樽ごとに原料に使われたぶどうの品種や
味などが書かれてある。
それを一樽1本という感じで、
白ワインに赤ワイン、ロゼワインと
片っ端から飲んでいく。
タートヴァンを使ってちょこっとづつ飲んでいったが
それでも結構酔った...。

白ワインの古酒が美味いな〜ということで、
樽の上のワイン(7〜8本ほど)を飲んで、
ようやく決まった一本をお土産にする。
帰りの電車では、同じぶどうの丘で買った
ロゼワインを飲んで帰宅。

試飲は楽しい!

東京タワー

東京タワーから見た夜景

11月16(火)

上野の東京都美術館で毎年恒例の『日展』を観て、
新橋でとんかつを食べたあと、
芝まで歩き久しぶりに東京タワーに昇る。
夜の東京タワーは初めて。
夜景が遠〜くまで広がっている。
ふと、看板が煌々としている一角がある。
秋葉原電気街の看板だった。
緑が多い皇居は大きな黒い塊りになっている。
近くには東京湾も見える。
東京はビルだらけの街だけど、
こう上から見てみると
なかなかバラエティーに富んでいるなあ〜。

千代の松

 

 

 

焼きガニ

10月10(日)

市ヶ谷にある『高木盆栽美術館』に行ってきた。
盆栽の美術館があるなんて初めて聞いた。
「ちょっと 地味かな〜?」と思っていたが、
これがなかなか華やか!

盆栽と一口に言っても、ここにあるものは
時間と手間隙をかけて丹念につくられた美術品だ。
よく見かける松の盆栽から、
「えっ、こんなものまで盆栽になるの!?」みたいな意外な
ものまで多様で面白かった。
下のフロアーでは水石展が開催されていた。
映画『無能の人』で見たような様々な形をした石が並ぶ。
盆栽もそうだが、水石も小さい中に大きな世界が感じられる。
こういう感覚は日本的で共感出来る。

残念ながらここは10月一杯で休館してしまうとのこと。
館内での展示は盆栽にとってかなりストレスになるとか。
でも館員さんの話によると、盆栽の状況次第では
再開もあるそうな。


このあと代々木公園で開催されている
『北海道フェスティバル』に行ってきた。
会場内に入ると、敷地の奥のほうまでテントがズラ〜リ!
早速入り口近くのテントで売っていた、
ほぐし身をバターで焼いた蟹をほうばる。
いきなり美味いぞ!
続けざま、カラ付き焼きガニを買う。
←の写真の量で、なんと1000円!
もう蟹はいい!ってくらいたっぷり食べた〜。
そのあと、じゃがバター、地ビール、いくら丼、
ジンギスカン、ソーセージと次々と食べまくる。
すっかり、東京に居ながらにして北海道を満喫!!

ぶどう狩り

しいたけ狩り

9月12(日)

埼玉県の横瀬の農園へぶどう狩りに行ってきた。
果物狩りは、なんと幼稚園の時のりんご狩り以来。

『秋穫祭セット』というものがあったのでそれを選ぶ。
セットにはぶどう狩りの他に、しいたけ狩り、
バーベキューと、何故か流しそうめんが付いている。

バーベキューをして流しそうめんをしたあと、
いよいよぶどう狩り。
ぶどうの種類は巨峰。
熟した巨峰は甘くて美味しかったが、
日に照らされているので暖かかった(笑)
食べ放題ということになっていたが、
そんなに沢山食べられるものではないなあ〜。
まあバーベキューに流しそうめんの後ということも
あったけど...。

そのあと、同じ農園でしいたけ狩りをした。
大きなものは既に採られたあとで、
小さめのしいたけしか残っていなかった。
しいたけ狩りは最初にすべきだった...。

農場に1時半に着いて、閉園が4時だったので
あまり時間が無いな〜と思ったが、
コースを全て回るのに2時間ほどあれば充分だった。

阪神甲子園球場

8月17(火)〜18(水)

念願だった高校野球全国大会を観に、
甲子園球場へ!

当日は雨、曇り、また雨...。
ずぶ濡れの観戦だった。
観戦したのは中京大中京VS東海大翔洋、
明徳義塾VS横浜、東北VS千葉経大付の
3試合。
注目していたダルビッシュ有投手のいる
東北は、延長戦の末に惜敗...。

←クリックすると『旅行記』へ

布滝

箒川沿いにある露天風呂「岩の湯」

箒川

8月14(土)

宇都宮から登山をしに、温泉地で有名な
塩原渓谷へ行く。

もみじ谷大吊橋で遊んだあと
いよいよ塩原渓谷へ。
登山道の側を渓谷が走る。
水の側は涼しくて気持ちいい〜。
途中足湯を見つけて入る。
歩きつかれた足に強い鉄の匂いがする温泉が
効く〜。

帰りにどうしても全身で温泉に入りたくて
ほうぼうをうろうろ...。
ホテルで風呂を借りれると思いきや、
なかなか思うようにはいかず、
頼みの公共施設も開いてない。
帰りのバスの時間が迫っていたのであせる。

そしてようやく川沿いのひと風呂500円の
露天風呂を見つける!
15分ほどで出て、スッキリして帰京。
高円寺に着いた時は零時を回っていた。

のどかな宇都宮の田園地帯

8月12(木)〜13日(金)

宇都宮に帰省。
12日は家族で外食。
13日はてるてると飲む。
てるてるお勧めの鶏が美味い居酒屋で
飲んだあと、
近所に移転してきた毎度おなじみの○波に
移動して飲む。
ここで飲みならではの遊びを教わる。
リズム感が必要だったが、どうにか楽しく遊べた(笑)

実家で2泊して、14日朝は母親特製の
カレーライスを食べて家を出る。

稲村ガ崎はサーフィンのメッカ

稲村ガ崎 前方に江ノ島が見える

腰越 たたみいわしの天日干し

江ノ島弁財天

鎌倉高校前駅

鎌倉高校前駅のホームからは江ノ島が一望出来る

8月2日(月)

先日見られなかった真夏の海をどうしても見たくて
再び湘南へ。

湘南新宿ラインで大船駅まで乗り、
そこから横須賀線で鎌倉駅まで行き、江ノ電に乗り換える。
稲村ガ崎駅で降りて、海の方に向かって歩く。
やがて 稲村ガ崎へ。
以前来たことはあるが、展望台まで登ったのは初めて。
はるか遠くに江ノ島が見える。
当初は江ノ電に乗ったり降りたりして江ノ島まで
たどり着こうと思っていた。
まさかあそこまで歩くなんて...。

砂浜に下りてビーチサンダルに履き替える。
裸足じゃないのにメチャクチャ砂が熱い!!
耐えきれず波打ち際を歩くことにする。
波が足に当たって気持ちいい〜...。

砂浜には人が少ない。
いるのはサーファーくらい。
夏休みと言えど平日だからなあ〜と思いつつ歩く。
この辺のサーファーには年配者が結構いる。
50〜60歳のおじさんがサーフボードを担いでる姿は
なかなかイカス。

長い海岸線を歩き、腰越まで来ると、
たたみいわしを天日干しにしている光景が目に入る。
ここは白魚が沢山陸揚げされる所だ。

なおも歩き続け、腰越港を過ぎるといきなり海水浴場になる。
ここには人が一杯!
ここまで1件も見られなかった海の家もずらり!
確かに砂浜も腰越手前よりはキレイ...。

更にこのまま江ノ島大橋を渡り江ノ島まで歩いていく。
江ノ島弁財天に寄ったあと、鎌倉方面へ引き返す。
再び歩き...。
でも写真を撮りながらの歩きはなかなか楽しい。
暑いけど。

国道134号線を歩いていくと、道路に面した駅のホームが
見える。
鎌倉高校前駅のホームだ。
ホームの目の前は海!
この駅で電車に乗る予定は無かったが、急遽変更。
無人駅の自動切符販売機で切符を買い、
ホームに入って写真を撮ることにした。
おおやはり!
最高のロケーションだ!
周囲を見渡すと自分と同じように写真を取り捲っている人が
3〜4人。
駅にあった看板によると、ここは「鉄道の日・駅100選」に
選ばれているのだそうだ。
有名スポットだったのね...。

そのあと由比ガ浜まで電車に乗り、再び海に出る。
それから鶴岡八幡宮に寄り、鎌倉駅から帰路に着く。

帰りも湘南新宿ライン。
電車の中では爆睡。
気が付いたら新宿駅。
危うく乗り過ごすところだった...。

胃がん検診 トランクス姿でX線撮影を待つ 

免許更新 今回は優良者の講習室なのだ

7月29日(木)

荻窪の保健所へ胃がん検診に行って来る。
特に胃の具合が悪いわけじゃ無いんだけど、
そろそろこういうのにも行っておかないとね。
検査はX線撮影のみ。
久しぶりにバリウム飲んだ。
うつぶせに寝かされて、身体を右に左に回転させる。
そうすると胃の中のバリウムがぐるぐる回る。
ちと気持ち悪い...。
時間にして5分ほどで終了。

そのあと新宿へ、としぼー唯一の運転免許証、
原付免許の更新に行く。
場所は都庁。
無事故無違反で、ついに念願のゴールド免許!!
...ここ数年バイク乗って無いんだから
事故するわけが無いよな(笑)

新江ノ島水族館

鎌倉大仏

7月5日(月)

久しぶりに江ノ島、鎌倉に行く。

大船駅から、初めて湘南モノレールに乗り、
江ノ島へ。

まずは新装されたばかりの新江ノ島水族館へ。
水族館はなかなかの充実度。
クラゲがあんなに面白いもんだとは思わなかった...。
平日にも関わらず、親子連れが多かった。

そのあと江ノ島へ弁天丸という船を使って渡ろうと
思っていたが、あいにくこの日は休み...。
仕方が無いので江ノ島弁天橋を歩いて江ノ島へ。
『とびっちょ』という店で食事。
ここでお目当ての生シラス丼を食べる。
どっさりの生シラスが乗っかったご飯は見た目にも凄い!
そんで味もサイコー♪
この店は毎日、その日に獲れたシラスを使っているとか。

そのあと江ノ電に乗って鎌倉の高徳院へ
ここで鎌倉大仏を参拝。
やはり人が少ない。
のーんびり大仏さんの周囲をぐるぐる。
時間が遅かったので、大仏さんの体内に
入れなかったのは残念。

そのあと、鎌倉まで行き、『こ寿々』でわらび餅を買い、
若宮大路、小町通りをぶらぶら後帰宅。

天気が心配だったが、なんとか雨には降られないで済んだ。
もっと早く来て海岸を歩きたかった。
また夏のうちに行きたいな〜。

 



[プロフィール]
[ギャラリー][素材集][リンク]
[旅行記]
[フト日記][掲示板]