From花やしき

2001.12.15(土)

東京浅草、新宿にて第1回(ほんとは第2回)オフ会が開かれる。
初めての本格的なオフ会でどうなることやらと思っていたが、
遊園地にカラオケに大盛りあがり!

参加してくれたみなさんには心より感謝いたしまするm( _ _ )m

鶴岡八幡宮の大銀杏

獅子舞の紅葉(逆光により暗し...)

2001.12.2(日)

ぎっくり腰のためなかなか行けなかった紅葉見物...。
12月に入ってようやく見に行くことが出来た。

ターゲットは鎌倉一の紅葉と噂されてる「獅子舞 」。
天気は快晴 !

最初に見た鶴岡八幡宮の名物、大銀杏(写真上)は
樹齢1000年を超えるそうな。
見事に黄色に染まり、その大きさも相まって
すっかり圧倒されてしまった...。

そのあと 鎌倉宮、瑞泉寺と回り
迷ったあげくようやく「獅子舞」へ。
ネットで調べたら「ちょっとしたハイキング 」とあったので
そのくらいなら...と高をくくってたらとんでもない!
結構な山登りになってしまった(大汗)
30分ほどしてようやく 頂上に達する。
江ノ島まで望める眺望はなかなかだったが
期待した頂上付近の紅葉はイマイチ ...。
しかし途中の山道(写真下)は流石鎌倉一との
噂通りの内容だった。

鎌倉の最後に若宮大路にある「吉兆庵美術館」に寄る。
北大路魯山人の素晴らしい陶芸品の数々に感動...。

スーラータンメン

2001.11.30(金)

今日は↓の「鶏のさっぱり煮」を作る
きっかけにもなった 「スーラータンメン」を作る。
量は1.5倍、ラーユは1.8倍くらい。
卵をいくぶん煮過ぎちゃったけど
何度食べても美味い!
ラーユの辛さがたまらん〜ヽ(´▽`)/

2日続けての「酢」で身体も健康♪

←クリックするとレシピへ

鶏のさっぱり煮

2001.11.29(木)

ほーとんさんが掲示板に書き込んでくれた
レシピを元に 「鶏のさっぱり煮」を作る。

味は手羽元を4本も使っているにもかかわらず
酢を使った煮汁が脂身のしつこさを抑えてさっぱり!
ニンニク、ショウガの風味も利いてる。

同じく煮汁がしみこんだ味玉子も美味い!
とても自分で作ったものとは思えん
出来栄えでした!ヾ(≧∇≦)〃

難をひとつ言えば、最後に残った煮汁を
かけなければよかったなあ〜ということ...。
(ちょっとしょっぱくなっちゃった)

りおんさんの掲示板に書き込んだ
「スーラータンメン」から端を発して
こんなものにありつけるとは...。
ネット万歳っすV(^0^)

←クリックするとレシピへ

風味豊かっす♪

2001.11.21(水)

3月に出会ってから待つこと8ヶ月あまり...。
季節もので、通常10月発売と言われていたが
暖かい日が続いたために発売が遅れていた
谷中の「後藤の飴」の味噌飴が
ついに手に入った〜♪

頬張ると口中に広がる味噌の風味...。
ああ幸せ... ヽ(´▽`)/

浅草駅前より金のオブジェを望む

2001.11.16(金)

この日は12月のオフ会の下見に行く。
まずは浅草へ。
浅草寺周辺をぐるぐるまわり 、
夜の新宿へ。
面白そうな店を見つけたんで
オフ会参加者のみなさんお楽しみに(くふふふ♪)

地ビール特有のフルーティーな味♪

2001.11.4(日)

上野の東京都美術館へ「日展」を見に行く。
「日展」は作品の量が多いため、とても一回では全部見きれない。
この日は日本画のみを見る。
遅く着いたため2時間しか見る時間が無かった。
作品の一つ一つが力の入ったものばかりなので
見るほうも気合が入る。
結局残り4分の1は飛ばして見ることに...。
残りは半券で次回に。

上野公園の入り口近くにあるレストランで
地ビール「多摩の恵み」←を飲んで帰る。

泡盛で乾杯〜!

2001.10.13(土)

PM7:30より、高円寺北口中通りにある「抱瓶」にて、
しばし休眠状態だった 『高円寺探検隊』の復活を間近に控え、
その
「仕切りなおし会」をやる。

メンバーは『高円寺探検隊』のまん吉さん、uhaさん、
『SUPERNOVA EXPLOSION』 のマサさん、
そして『としぼーのうち』から2人の計5人。

高円寺の超有名店だけあって店内は満杯状態。
沖縄料理に舌鼓を打ち、泡盛を飲みまくり、
まん吉さんのデカイ声に頭をくらくらさせつつ、

最後は沖縄そばでシメる。

このあと2次会3次会と続き、帰ったのは結局朝4時過ぎ...。

まん吉さん、uhaさん、また高円寺の美味い店情報よろしくね〜♪

正体は宇宙人

2001.10.13(土)

高円寺駅近くの雑貨店でこんなカップを見つけた。
高さは6センチほど(写真は原寸大)。

ぐいのみにちょうど良い。

高円人展 10月12日(金)まで

2001.10.11(木)

新高円寺駅近くにある「SK画廊」へ、友達のグループ展を見に行く。

この展示会は「高円人展」と言って、今回で8回目になる。
高円寺にまつわる人達の作品が展示されている。

内容は風景写真から陶芸作品、油絵や現代アートまで様々。
まったく飾り気がなく、
親しみ感あふれる何とも庶民的な展示会だった。
全体的な統一感というものは無いけど、
それぞれの作者の思いみたいなものが強く伝わってくるものが多かった。

「光の館」外観

2001.9.15(土)〜16(日)

総勢15名、車3台を使って、新潟県川西町にある光のアーティスト、
ジェームズ.タレルの「作品」である
『光の館』をめざす。

道々で初秋の新潟を満喫しながら、様々な現代アーティスト達の作品を鑑賞。
1泊2日だったが充実した旅だった。

←写真をクリックすると「旅行記」に飛びます。

通天橋より大堰川を望む

内庭

2001.9.2(日)

文京区にある小石川後楽園に行く。

江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である
頼房が作った「回遊式泉水庭園」。

すぐ横には東京ドームがあるため、写真のアングルに苦労する(^^;)

ちょうど花が咲いていない時期だったようで華やかさは無かったが、
趣向を凝らした作りにはただただ感服。

日本庭園は落ち着くなぁ...。

 

 

 

明治神宮本殿

2001.8.19(日)

ふらっと新宿、神宮外苑、明治神宮に行く。
天気も良かったのでテクテク歩いた。新宿では新宿中央公園へ。
そのはずれにある熊野神社まで足を延ばす。
神宮外苑では「神宮バッティングドーム」で
バッティングマシーン相手に60球の打ち込み、ピッチングコーナーでは30球の投げ込み。
そのあと明治神宮まで足を延ばし、都会のど真ん中で森林浴する。

宇都宮市駒生にある射撃場跡

2001.8.13(月)

実家(宇都宮)に帰省した帰り、
○十年かぶりに3才のころまで住んでた所を訪ねてみる。

←は駒生という町にある自衛隊の射撃場。
今は金網が張り巡らされ、閉鎖されている。
三方が三角の山で囲まれ、弾丸が外に出るのを防いでいる。

今思えばよくこんな所で遊んでたもんだなあ...。

木内克、船越保武らの作品が展示されている。

広大な庭園には四季折々の花が。←ほとんど咲いてなかったけど

2001,8.5(日)

陶芸の町として有名な茨城県笠間市に行く。

一睡も出来なかったので頭フラフラ...。
駅前のレンタサイクルを借りてヨロヨロ回る。
坂道が多くてちょっときつかった...。

最初は「笠間日動美術館」へ。笠間日動美術館は1972年に開館。
フランス館、日本・アメリカ館、企画展示館、野外彫刻庭園の施設があり、
野外彫刻庭園は写真(左上)のように緑に囲まれた気持ちいい空間。
日本・アメリカ館には美術館の創設者長谷川仁氏と交流のあった
多くの画家達から譲り受けたパレットが展示されているのだが、この数なんと340余点!
使いかけの絵の具がそのまま乗せられているものも多く、画家達の仕事の様子が垣間見えるよう。

このあと北大路魯山人が住居としていた建物を笠間に移築した「春風萬里荘」(左下)へ。
魯山人自らが設計した茶室や京都.龍安寺を模にして作られた石庭、
それに魯山人作の焼き物等が展示されていた。

帰りは電車の中でぐうぐう、疲れたけど有意義な時間だった〜(^^)

注:ぱるぱるを釣っているわけではありません

2001.8.4(土)

なんでも食べるぱるぱるは、そうめんも大好物。

そうめんを食べていると、いても立ってもいられなくなり←のように食いついてくるのだ。

小さいのにニ本も食べる。そうめんを口から離すと二本足で追いかけてくる。
この芸でひと儲け出来ないものか...(−−;)

※ちなみにそうめんは「揖保乃糸」。つゆなし。

 

7年の歳月をかけて昭和10年に完成

2001.7.22(日)

谷中の朝倉彫塑館に行く。

ここは日本近代彫塑の基礎を作った朝倉文夫(明治16年〜昭和39年)が、
アトリエ兼住居として設計、監督した和洋折衷の建物。

←外観はご覧のとおり昭和10年の完成とは思えないほどの現代的なフォルム!

中に入ると朝倉文夫の数々の作品が展示されており、
特に朝倉の愛情溢れる「猫」の作品群が目を引いた。

中庭は朝倉が自己反省の場として設計された和風の庭。
時間を忘れてしまうほどほっとする空間...。

 

緑が綺麗〜♪

気分はもう野口健!(爆)

2001.7.6(金)

この日は約一年ぶりの登山をした。

場所は奥武蔵の伊豆ガ岳。
西武線沿線ではもっとも人気が高い山のひとつ。

この日は平日ということもあり他に登山者がほとんどいなくて、
梅雨明け前にもかかわらず天気も良かった。

登山道には平行して走る沢。
水の近くは空気がひんやりしてて気持ちいい。

伊豆ガ岳頂上へは断崖絶壁の男坂と比較的緩やかな女坂があったが、
ここは←の男坂から登る。

クサリがついていたが、手を離せばそのまま真っさかさまに
断崖を転げ落ちるスリリングさ!
この断崖絶壁、土日は沢山の人出で賑わうというから、
平日来られて良かった〜(ホッ)

 




[プロフィール]
[フォト日記] [ギャラリー][素材集][リンク]
[旅行記]
[フト日記][掲示板]