東京〜金沢

2001.1.26(金)〜27(土)

 

1月26日(金)

23時03分上野発、寝台特急北陸でいざ能登の旅へ。
寝台列車に乗るのは久しぶり。
席は上下2段のB寝台。
眠れるだろ―か心配だったが意外とぐっすり...。

寝台特急「北陸」の切符さ!

これが寝台特急「北陸」さ

 

1月27日(土)

早朝6時30分、金沢着。
当初27日早朝に出かける予定であったが、
前日発の寝台列車で行くことになったので急遽組み込まれた金沢市内観光。

実は金沢はこれが3度目。
1度目は高3の夏、2度目は10年程前に仕事で来た。
駅を出ると雨が降っている。
気温も案外暖かい。
この冬、北陸地方は頻繁に大雪の情報が流れていたが、
金沢市内は存外かなり雪が解けていた。

 

駅前からバスに乗って香林坊で下車。旧加賀藩士高田家跡(↓)に行く。しかし時間が早すぎて開門してない...。仕方ないから外から門だけ眺める。

家禄五百五十石の中級藩士、高田家の長屋門

野村家は加賀初代藩主前田利家のころからの直臣  現在の屋敷は嘉永年間(1848〜54)の建築

次に武家屋敷跡野村家(↑)へ。
ここも開門してなく外だけ。
中から人のいる気配はするのだが...。
初っ端からリサーチ不足があらわになってしまった(*_*)

 

武家屋敷跡から兼六園へ。ここはとにかく広い!時間の関係で急ぎ足で回る。

瓢箪池
霞ヶ池
瓢箪池
霞ヶ池

右奥の海石塔は虫喰いのような穴があいた笠石を積み重ねた六層の塔。

手前の灯籠は兼六園の顔ともいうべきことじ灯籠。池は半分氷結していた。

唐崎松
千歳台
唐崎松
千歳台

琵琶湖畔の唐崎から種子を取り寄せて育てたという黒松。

ここからは金沢市内が望める。

根上りの松
根上りの松の根のアップ
根上りの松

根元の土を少しずつ取り去って根を出したという。

根の部分のアップ。

石川門、そして雨の能登半島編へと続くのだ!→

 

↓クリックすると飛びます

ランプの宿

輪島〜東京

 

旅行記トップへ

 

フォト日記トップへ

 



[プロフィール][フォト日記] [ギャラリー][素材集]
[リンク] [フト日記][掲示板]