総勢14名、車3台を使って、新潟県川西町にある

光のアーティスト、ジェームズ.タレルの「作品」である

『光の館』をめざす。

道々で初秋の新潟を満喫しながら、様々な現代アーティスト達の作品を鑑賞。

1泊2日だったが内容の濃い充実した旅だった。

その1

いざ出発!
こしのある手打ちそばが美味い!
石打ICから十二峠へ
「由屋(よしや)」で腹ごしらえ

 

詩人の瞑想の路
大きな赤い木
3時過ぎ川西町に到着。
上はジョセド.ギマラインシュの作品。
下の「庭師の巨人」共々、節黒城跡周辺に配置されている。

 

庭師の巨人
右に行くと「詩人の瞑想の道」
月を持つ手
脚
足
魚を持つ手
顔
エステル.アルバルダネの作品。
昔、巨人がこの自然の庭を作ったという物語に合わせて、
手.足.顔などが物語の道に配されている。
ここは山道で、トレッキングもこういう道だと更に楽しくなりそう。

 

NEXT

 

旅行記トップへ

 

フォト日記トップへ

 



[プロフィール][フォト日記] [ギャラリー][素材集]
[リンク] [フト日記][掲示板]