今回の旅行はとにかく食べる!を第一の目的に掲げ、
北海道の味を求めて1泊2日で札幌〜小樽を回ってきた。

1日目

札幌市内を走るチンチン電車で
藻岩山へ。
小銭を持ち合わせてなく、
両替が必要になったが
車掌さんの対応がとーっても穏やかで
親切で気持ち良かった。

ロープウェイ下駅で降り、
歩くこと10分余りで藻岩山下に着く。
そこからロープウェイ、リフトと乗り継いで、
藻岩山頂上へ。
展望台はすんばらしい見晴らし!
札幌はおろか、
そのはるか彼方まで眺望出来る。

平日なので人影もまばら。
スキー客がちらほらという感じだった。

札幌中央卸売市場に隣接する
場外市場にある『北のグルメ館』で
イクラウニ丼を食べる。
イクラもウニもプリプリしてて美味い!
一度北海道でこういうのバクついて
みたかったんだ〜。
サイコーにシアワセ〜♪

 

こちらはゆで毛蟹。
たっぷりの蟹ミソは
コクがあってかなりの美味!
でも足の身が細かったのが残念。
蟹ミソに付けて食べるつもりが
蟹のほぐし身にミソをかけて
食べることに...(^^;
北海道大学へ。
古いレンガ造りの建物が立ち並ぶ。
レンガの色合いが雪の白さに
よく合ってたなあ〜。

←は旧北海道帝国大学農学部本館。
北大敷地内にある、
北海道の牧歌的風景の象徴として
あまりにも有名なポプラ並木。
前回、秋に来た時は、
まだ緑の葉が茂っていた。
すすきの。

夜の賑わいぶりは東京の繁華街と
なんら変わらない。
若い女の子達が風俗店の看板を首から
下げて元気に客を呼んでいる。
たくましい...。
東京じゃとても考えられん。

人に道を聞いてもみな親切に教えてくれる。
札幌の人はいい人ばかりだなあ〜。

すすきの新宿通りをちょこっと入ったとこにある
ジンギスカンの店『だるまや』
行列に並んで待つこと30分。
店内は観光客風の人や、
仕事帰りの客でいっぱいだった。
席に座って間もなく、
何も頼んでないのに皿に盛られた
ジンギスカンが出てきた。
本場北海道での生ラムのジンギスカン。
これがジューシーでメチャうんまい!!
ニンニクと唐辛子を入れたタレも
ジンギスカンにピッタリ!
やたらと量が多い野菜もうれしい〜。

日本酒は『焼き燗』と言って、
陶器に入れた日本酒を
そのまま炭の上に置いて燗をするという
ユニークなもの。

2人で行って、
ジンギスカン4皿、野菜2皿、
ビール1本と焼き燗3本、ご飯2杯で
5000円ちょっとは安い!

函館本線に乗って、夜10時半頃に
小樽に着く。
小樽のシンボル的場所、
運河沿いの倉庫街は
レトロな雰囲気に満ちていた。
ほとんどの倉庫は内部が改装されて
バーやレストランになっている。

2日目へ→


旅行記トップへ



 



[プロフィール][フォト日記] [ギャラリー][素材集]
[リンク[フト日記][掲示板]