天鏡閣
蔵々亭
天鏡閣
蔵々亭

明治41年に有栖川宮威仁親王の別宅として

猪苗代湖近くに建てられた。

館内には明治の匂いを漂わせる数々の調度品がある。

自分がこんな別荘持ってても豪奢すぎてちょっと居心地悪いかも...

喜多方ラーメンを食べに行ったのはいいが目当ての店がどこも客で一杯で入れない。

仕方なく街の中心地から少し外れにあるこの「蔵々亭」に行ってみる。

しかしこの店で正解!

太めのちぢれ麺にだしの利いたスープが絡み合って美味かった。

店は古い屋敷を改造したらしく、そこここに昔の家の面影が残っている。

 

野口英世生家
猪苗代湖
野口英世記念館
猪苗代湖

ご存知日本が誇る、ここ猪苗代出身の世界的名医、野口英世の記念館。

敷地内には英世の軌跡をたどることができる展示館と、英世の生家がある。

風雨から守るためのいたしかたない処置だとは思うが、

やはりこの生家あとの上にある大きな屋根は当時のおもかげを消してしまっていて少々残念である。

展示館はかなりの充実度。

 

猪苗代湖は広い。何と言っても国内で4番目である。

湖畔に湖で泳いでいる鴨にあげるための餌(パンの耳)が一袋100円で売っている。

早速これを買って餌撒き。これが結構面白くて不覚にもハマってしまった...。

 

土津神社
朝焼けの猪苗代湖
土津神社
朝焼けの猪苗代湖

ホテルに向かう途中で紅葉が見事な神社を発見して立ち寄る。

ここはこの土地の初代藩主、保科正之を祀っている。

宿泊したホテルの部屋から見た猪苗代湖。

中央に張り出しているのが、湖の北東部にある出っ張り。

朝もやに陰った湖面が神秘的だっ

 

磐梯ゴールドライン
青沼
磐梯ゴールドライン
五色沼/青沼

磐梯ゴールドラインは磐梯山のふもとから裏磐梯へ抜ける、

全長17.6kmの山岳有料道路。

そこの途中から磐梯山の西側を見る。

錦色に染まる紅葉が綺麗だった。でもちょっとだけ時期が遅かったかも...。

 

裏磐梯の名所、五色沼は磐梯山の噴火により誕生した十数個の沼の集まり。

この青沼は多量のカルシウムと硫酸イオンを含み、極めて透明である。

水底はウカミカマゴケで覆われているためこんな色に見える。

うっそうと茂った沼の周りの木々が神秘的な雰囲気を出している。

 

瑠璃沼
桧原湖
五色沼/瑠璃沼
桧原湖

この瑠璃沼も青沼と同様、多量のカルシウムと硫酸イオンをふくみ青く澄んだ綺麗な沼。

手前の紅葉した木々とのコントラストにしてみた。

都合により五色沼探勝はここまで。

桧原湖の遊覧船から磐梯山を望む。

大小50もの島々が浮かぶ裏磐梯の見所である。

猪苗代湖とはまた違う、様々な顔を見せてくれる湖。

湖畔を巡る道路からの眺めもなかなか。

 

磐梯吾妻レークライン
中津川渓谷
磐梯吾妻レークライン
中津川渓谷

磐梯吾妻レークラインは3つの湖が一望できるドライブコースだ。

写真は途中で見つけた風景。

この道沿いではこうした光景が所々で見られる。

 

磐梯吾妻ゴールドラインの途中に秋元湖にそそぐ中津川沿いの渓谷がある。

日が落ち始めた頃の渓谷は侘び寂びの風情があった。

脇には遊歩道もある。

 

旅行記トップへ

 

フォト日記トップへ

 

[プロフィール][フォト日記] [ギャラリー][素材集][リンク]
[旅行記] [フト日記][掲示板]