その1

『愛・地球博』に行ってきた。
閉幕2週間前とあって、駆け込み入場者が多く、
12日は197,408人、13日は202,711
(愛・地球博ウェブサイトより)の入場者数となった!
本当は6月頃行くつもりでいたのだが、
なんか面倒くさくなって「行くのやめようかなあ〜」なんて思ってたけど、
万博を見る機会なんて一生のうちにそうはないだろう。
あのみうらじゅん氏も小学生の時に開催された大阪万博に足しげく通ったという。

「やっぱ見とこう!」

そう思ったのが8月半ば。
事前予約もまだ間に合う!
よっしゃ行くぞ〜!!

西ゲート

朝8時、新宿西口発、愛・地球博会場行き夜行バスが
愛・地球博西ゲート駐車場に到着。
降りて西ゲートへ歩いていく。
バスを降りた頃はさほどの人も見当たらず
そんなに混んでなさそうな印象。
しかし、西ゲートに近づくにつれ
みるみるうちに多くなっていく人・人・人...。

西ゲートに到着した時は、写真のような
人だかりが出来ていた!

西ゲート

 

外国パビリオンゾーン

グローバル・コモンと名づけられ、6つに分けられたこの場所には
バラエティーに富んだ世界各国のパビリオンが並ぶ。
お金持ちの国からそうでない国まで内容は様々。
でも、どんな国のパビリオンでも絶対その国の色が出ている。
そこがたまらんほど面白いのだ!


グローバル・コモンへ
万博会場に入って最初に来たのがグローバル・コモン6。
写真は午前10時頃の、グローバル・ループからグローバル・コモン6へ通じる道の様子。
この時間はこんなに閑散としていた。
グローバル・コモン6へ

シンガポール館
シンガポールで活躍する、数々のアーチスト達の作品を展示。
シンガポールという国を紹介するブースで、
入る際に傘を渡された。
指示に従って傘を差し、シンガポールを紹介する映像を見ていると、
突然大雨が降ってきた!
亜熱帯気候特有のスコールを肌で感じてもらおうということなんだろうが、
あまりにも唐突!!
シンガポール館
突然のスコール!

カンボジア館
機織の様子なんて今じゃ滅多にみれるもんじゃないから興味津々。

展示物に既に「売約済み」の貼紙がしてあったり、
おかしな日本語を使う売り子がいたりと
自分的には結構面白いパビリオンだった。
カンボジア館
機織の人

ベトナム館
飴職人の周りには子供が一杯!
こういう才能持ってれば、爺さんになっても
食べていけそうだ。


イマイチな食事が多い中で、

ベトナム館の鳥肉のフォーはなかなかの美味しさだった。
ロシア館
中には入らなかったが、この昔の日本の映画館のような
外観が自分的にツボ!
飴職人
ロシア館

ニュージーランド館
世界で一番デカイ軟玉翡翠(写真右)が展示されていた。
みんな触り放題。
ニュージーランドに帰る頃にはかなり磨り減ってやしないか?と
いらん心配をしてしまう。
ニュージーランド館
世界最大の軟玉翡翠

モンゴル館
今、モンゴルと言えば朝青龍!
でも自分的にはゲル!!
結構広くて居心地良さそうだったにゃあ〜。

チェコ館
壁には割り箸のような木の柱が無数に
取り付けられている。

中は変わった楽器のオンパレード!
色々適当に鳴らしまくってきた。
音が出るものは楽しい。
ゲル
チェコ館

中国館
蓮の花のような内装。
いかにも中国らしい空間と外観。
かなり気合の入ったいくつもの木の彫刻にすっかり目を奪われてしまった...。
中国館
中国館内装

オーストラリア館
万博会場に着いて最初に入ったのがココ。
ワニロールもココ。
夜は壁の電飾が見事!
オランダ館
建物の脇からチューリップが飛び出ている!
オーストラリア館
オランダ館


スペイン館
入館したかったが、舞踊のステージ中とかで
しばらく待たなければならない。

時間が無く、出来るだけ多く回りたかったので断念。
しかし、この壁のデザインは見事だ...。

イタリア館
全体的にファッショナブルな印象。
このフィアットは全体をチョコレートでコーティング
されている!
スペイン館
チョコレートコーティングのフィアット


アフリカ共同館
高円寺でよく雑貨店に入る。
いつも「スゴイ品揃えだなあ〜」と思う。


しかし!
ここアフリカ共同館の品揃えと言ったら尋常では無い!
とにかく現地から持ち込んだ工芸品の量がもの凄いのだ!!

ここではエチオピアブースで陶器皿2個とサラダボウル1個を購入。
これがどう見ても倍くらいの値段...。
しかも“MADE IN KENYA”ってシール貼ってあったりするし、
店員は超無愛想だし...。

まあそれは置いといて!
ここはぶらぶらしながら店を見ているだでけも充分過ぎるほど楽しめる空間。
帰り際だったので小一時間しか居られなかったのが、うーん残念だ。

アフリカ共同館
もの凄い雑貨の数々!


モリゾーとキッコロ
愛・地球博のキャラクター。
最初発表された時は「なんじゃこれ!?」って感じだったけど、
見慣れるとなかなか愛くるしい。
会場のそこここで二つのキャラクターにお目にかかることが出来る。
モリゾーとキッコロのお散歩
こんなオブジェがあちこちに

 

飲み物食べ物

全体的に高い!
通常の倍の値段は取ってるんではなかろうか??
それでいて量が少なく、味もイマイチのものが多かった...。

ここにはアップしなかったが、名古屋名物のなんたら2種類は
かなりガッカリ...。

そんな中でもまずまず美味しかったものを紹介。

ワニロール
【オーストラリア館
締まって歯ごたえがある
鳥のささみのような食感。
なかなか美味いです。
ベーコンバゲット
【Europe by Nature Caffe】
半分に切ったバゲットにチーズとベーコンを乗っけて
タイムを振って仕上げてある。
ザクザクバゲットとたっぷりチーズの相性がバッチリ!
ワニロール
ベーコンバゲット
岩塩ソフトクリーム
【モンゴル館】
岩塩が入ってるそうだが岩塩の味はしない。
市販されているソフトクリームには無い
ビミョーな味わいがイケます。
岩塩トマトジュース
【モンゴル館】
ジュースに岩塩が入っているのではなく、
トマトをまんまジューサーしたような青臭さの残るものに
自分で岩塩を加えて飲む。
このトマトジュースだけでもイケますが、
岩塩入れると更にイケます!
岩塩ソフトクリーム
岩塩トマトジュース

 

暑さ
万博会場での2日間はかなり暑かった!
12(月)の最高気温は33.0℃
13日(火)は37.5℃!!

そんな中、グローバル・ループの日陰に設置されてあったミスト(写真左)は心地良かった。
あんまり暑い時は「ミストへ行こう!」っていうくらいで、
かなり気の利いたサービスだと思いました。
グローバル・ループのミスト
子供にはツライ暑さかも...
水撒きの警備員

 

遊びと参加ゾーン
ここでは地球市民村、わんぱく宝島に行った。
大人というよりは子供が楽しめるゾーンという感じで、
親子連れが多かった。

アイスワールド
-30℃の世界というから「暑いし、いっちょ暑気払いに!」ということで
勇んで400円出して入ったが、どこが-30℃なんじゃ〜!?
いいとこ-5℃くらいって感じでないかい?
なんちゃって氷の世界はいいんだけど、
あっという間に終わっちゃうし、
400円という値段もちと高いぞ...。
アイスワールド
アイスワールドのシロクマ

わんぱく宝島
ここはまさに子供の天国!
数々の遊具が設置されてあり、
『楽しみながら食べることについて学ぶというのがコンセプト』

...らしかった。


ヤマムラアニメーション博物館
「頭山」で一躍注目の的となったアニメーション作家
山村浩二氏のスペース。
「頭山」の原画や、ペラペラ漫画などアニメーションの
原点のような数々のアートワークが一杯!
個人的にかなり楽しい空間でした。
わんぱく宝島
ヤマムラアニメーション博物館

グロービング・ビレッジ
これが木か!!?と思えるような、数々の変わった形の木が展示&植栽されていた。
木に無理をかけることなく添え木して、
木が思わぬ方向に成長するならばそれに沿って添え木を変え、
まさに人を木の共同作業のような形で木を作っていく。
ある貧困国は、麻薬に変わる収入原としてこうした木を育てることに
力を入れているとのことだった。
グロービング・ビレッジ
踊る木
時計台
水遊び場
時計台
水遊び場

地球市民村
この建物の中には、あえて暗くした広いリラックス空間があり、
真ん中の座敷では横になって寝る事が出来る。
かなり競争率が激しく、空いたらすぐに別の人が横になる。
みな疲れているんだろう。
自分も爆睡しました。
15分ほどだけど。
あんまり寝ちゃうと次行けないもんね。
地球市民村


その2へ続く

 

 

旅行記トップへ

 

フォト日記トップへ

 

 

[プロフィール][フォト日記] [ギャラリー][素材集]
[リンク] [フト日記][掲示板]