高校卒業旅行以来の鹿児島旅行です!
1日目は曇り空。
2日目はほぼ雨降りでした...。

 8月25日(日)

 ジェットスターで鹿児島へ! 

鹿児島空港には足湯がありました。
鹿児島に到着したのは朝の8時。
まだ時間が早いこともあってか利用者がいません。

 

鹿児島市内に到着!
路面電車が走ってます。

 

 城山の展望台から見る桜島は、曇っていて上の部分が見えません。 

 

城山の土産物屋。
あちこちで西郷さんグッズが売られてました。
鹿児島の人は西郷さんの恩恵をかなり受けてるようです。

火山灰よけの傘ですね〜。
鹿児島に来る何日か前に桜島が爆発した時も
かなりの降灰があったのではないでしょうか?

 

 西南戦争の時に西郷隆盛が最後の5日間を過ごしたといわれる西郷洞窟。
中は割と広いです。

 

 仙厳園は島津光久が1658年に鶴丸城の別邸として造った庭園。
桜島と錦江湾をそれぞれ築山と池に見立てているという、何ともスケールのデカイ庭です。

 

 天文館は鹿児島最大の繁華街。

 

 熊蘇亭は高校卒業旅行の時に立ち寄った鹿児島郷土料理の店。
その時、初めて食べた黒豚のとんこつときびなごの刺身が忘れられず...。
おたのしみコースを注文。
懐かしい味を味わってきました。

この日は高校卒業旅行の時にはいただかなかった酒ずし(右下の写真の中の左上)も。
たっぷりの酒で炊いた酒ずしは食べるだけで酔います!

ご飯の他にも芋焼酎を2杯いただきました。

 



 鹿児島市内のあちこちに火山灰を入れる袋が集められていました。
これは他の地域では見られない光景。

 

 黒い車体がカッチョイイ特急きりしまで霧島神宮へ!
JR霧島神宮駅は、駅舎が神宮を模している。
入口には鳥居も!

 

 JR霧島神宮駅から少し離れた場所にある、橋の欄干に立つのは猿田彦!

 

 JR霧島神宮駅から13分ほどバスに揺られて霧島神宮に到着。
神代の創建という古社だけれど、噴火によって何度か移転。
現在の場所に移転されたのは文明16年(1484年)。
赤が際立つ壮麗な建築の社でした。

 

霧島神宮からタクシーで『黒豚の館』へ。
霧島高原ロイヤルポークを味わってきました。
ジューシーで美味かった! 

 

このあと、バスで宿泊地の丸尾温泉街に移動。
到着した頃は外は真っ暗。
ホテルが通りから奥まった場所にあったので、車で迎えに来てもらいました...。 


 

8月26日(月)

7時頃起床。
ホテルの窓から桜島が見える筈なのに...。

 

 あちこちから湯気が立ち上る丸尾は、まさに温泉街というイメージそのものでした〜。

 

 丸尾からバスで高千穂河原ビジターセンターへ。
ここから霧島神宮古宮跡に行くのだけれど、雨降りで予定していた登山は中止。
右の写真は登る筈だった山の模型...。

 

 高千穂河原ビジターセンターから参道を5分ほど歩いて霧島神宮古宮跡に到着。
1000年前はこの場所に霧島神宮がありました。
古宮跡の後ろに高千穂峰は見えなかったけれど、
雨に煙った様子が厳かな雰囲気を醸し出していました。

 

鳥居の穴という穴には何故が小銭が。
よく見てみると、かなり古いものもありました。

右の写真は、古宮跡の脇にある登る筈だった登山道。 

 

 バスで日之出温泉へ。

 

 渓谷沿いにあるこの温泉は見晴らし抜群!
温泉は強い鉄の匂いがしました。

この温泉で飼われている人懐こい黒ネコがかわいかった!

 

 バスで鹿児島空港に向かう途中にある嘉例川駅の古びた様子がなかなかの味わい!

 

 鹿児島空港に到着。
いよいよ1泊2日の旅も終わりに近づいています。
2時間ほど時間があったので、しばし空港内を見て回りました。

 

 土産ものには、やっぱりさつま揚げ!
数種類のセットを買いました。
それと芋焼酎も!

「大空食堂」にて芋焼酎。
芋焼酎は、お湯割りが一番風味を味わえるそうです。
つまみは焼ききびなごと、さつまいもの天ぷら。

 

というわけで、高校卒業旅行以来の久しぶりの鹿児島を楽しんできました!
以前と違って地元の芋焼酎を味わえたのは大人ならではの楽しみ。
心残りは雨に降られて登山が出来なかったこと。
次回は天気のいい日に行けたらいいな〜。