水上 雪だらけ旅

2006年1月2日(月)〜4日(水)

スノーシューと温泉に入りに群馬県みなかみ町に行ってきました。
この冬は記録的な豪雪の地域が多いとのことだったけど、
水上も凄かった...。

1月2日(月)
AM8:48着の電車で水上駅到着。
駅前でスノーシューツアーの会社から車で迎えに来てくれたユウジさんと対面。
軽〜いノリの会話で笑わせてくれながらベース基地まで案内してくれた。
ユウジさんは今回のスノーシュー1日コースのガイドを務めてくれた。
話によるとユウジさんはスノーシューの他にラフティング、バックカントリー、
キャニオリングなどのガイドもやっているとのことだった。

帰宅後ネットで調べてみたら、この人ラフティング世界大会に日本代表メンバーの一人として
選抜された人でもあるそうな...。

●スノーシュー体験●
スノーシューとは洋風のかんじきで、これを装着してると雪の上でも埋まることなく歩ける。
スノーシューの下には滑り止めの金具が付いていて、ガッシリ雪に食いついてくれる。
これで水上の雪深い山道を歩く。

ガイドのユウジさんは道端にある木の解説をしてくれるが、名前を教えてくれない。
どういう形で色で種類で、他の似てるものとどう違うのかを理解した上で、
ようやく名前を教えてくれる。
そうしたほうがより記憶に残るからだそうな。
スノーシュー
ランチ
これがスノーシューだ!
足の装着部分が上下にベコベコしてて歩きやすい。
2時間ほど歩いた所で大峰沼の畔でランチ。
この場所は夏はキャンプで賑わっているらしい。

雪を踏み踏みして雪のテーブルをこしらえ、
その上にランチを広げる。
ソーセージサンドに玉子サンド、ハンバーグサンドとパンの数は3つ。
それにクリームシチュー、紅茶にデザートまで付いている。
かなりの量!
ハンバーグが美味かった〜!
右:ユウジさん 左:としぼー
雪山
大峰沼畔でユウジさんと記念写真。
としぼーは足が上がらず、右手で支えている(情けな〜)。
今回歩いた雪山。

AM10:30スタート、PM3:30ゴール!
雪はチラホラで風も無く、起伏も少なくて歩きやすかった。
山の植物、雪山での心得など大変勉強になりました。
ガイドさん付きだと、個人では通り過ぎてしまうような些細なことも
分かって楽しいなあ。

ゴールでは恵子さんがワゴンで待っていてくれ、
そのまま宿泊先のペンションまで送ってもらいました。
1月3日(火)
朝7時半頃起床。
前日の寝不足と疲れがあったせいか、起きるのが辛かった〜。

この日はいきなりの大雪!
普通の運動靴で来てしまったので、足がずぶ濡れになってしまった!
「これだから東京もんは」...って言われても(言われて無いけど)仕方無いよなあ...。
水上駅
宿泊先のペンションの窓から。
かなり降ってます!
雪下ろしも今年は例年になく大変なんだそうな...。
ペンションの車で水上駅まで送ってもらいました。
駅前も物凄いことになってます...。

駅前の喫茶店で一服して出発!

●宝川温泉●
バスで雪道をゴトゴト。
40分ほどで到着。
ここは水上温泉から山奥に入った所にある温泉地。
中でも今回立ち寄り湯で寄った「汪泉閣」の露天風呂の規模は東の横綱と言われているそうな。

「汪泉閣」は80年の歴史がある温泉宿。
その歴史を物語る(?)ような不思議でマニアックな魅力に溢れていました!

汪泉閣入り口
怪しさ抜群の通路...
「汪泉閣」入り口。
入浴料は大人1500円。
入浴券を持って露天風呂までの通路を歩く。
これが結構長い!
通路脇にはおびただしい数の生活用具や道具、植物などが
置かれています。
一見ガラクタのようなものが多かったような...。
温泉でクジ引き!
何故に温泉に熊!?
ようやく入浴券の受付窓口に到着。
券の端っこをハサミでチョキン。
すると受付のおじさんからクジを引くよう言われる。
クジ付き温泉なんて...。

クジは3等。
おじさんに促されるま窓口の前の部屋に入ると
そこにはクジの景品の山が!!
ハブラシやタオル、健康器具など入浴にまつわる物が
沢山置いてある。
自分はタオルを選ぶ。
受付を出てほどなく外へ。
いよいよ露天風呂近しか?と思われたが甘かった!
ここから更に長〜い道のりが待っていたのだ〜。

外は大雪。
出入り口にあった傘を差して雪道に出る。
すると道脇に何故か小熊の小屋が...。
休憩所にも!
まだまだ露天風呂への道は続く!
途中にはいくつかの休憩所があります。
かなり雪が降り込んでいました。
ここにも色んな物が展示されています!
更に雪道を歩きます。
とにかく長い!
摩訶の湯
気分は温泉猿
ようやく露天風呂に到着!
としぼーは混浴の“摩訶の湯”に入りました。
確かに広い!!

お湯の温度はやや低め。
細かいカスみたいのが沢山浮いていて、
あまり綺麗なお湯ではありませんでした...。
入浴中のとしぼー。
頭にどんどん雪が積もっていきます。
まるで温泉猿の気分。

左手に持っているのはカメラを守るためのビニール袋。
湯気や雪で濡れたから、あまり意味無かった...。
マイクロバスの外は大雪
さて、入浴も済んだので今夜の宿に行こうかと帰り支度。
しかし、来た時よりもさらに強くなった大雪で、
とても歩いて徒歩15分ほどと言われたバス停まで行けそうに無い。
仕方なく汪泉閣からバス停まで送ってもらおうと頼んだが
いつマイクロバスが出るか分からないという。
道が雪に埋もれて車が出ないそうなのだ。
マイクロバスが出られるようになったら呼びに来るということで、
やむなく汪泉閣の休憩所で待つことに...。

15時頃出る予定がどんどん遅れている。
そしてようやく出たマイクロバス。
バス停まで行ってバスを待つことに。
しかしいつまで経ってもバスが来ない...。
汪泉閣でバス会社に問い合わせた所、バスも大雪により渋滞で遅れているということだった。
このまま水上駅まで乗っけていって欲しいと思ったが、
なんでかバスはUターン!
失意のまま汪泉閣に舞い戻った...。
再び休憩所で悶々とした時間が過ぎる。
他にもマイクロバスを待っている客が十数名はいる。
ここはまるで陸の孤島だ!!
他の客もイライラしているのが伝わってくる。

そしてようやく水上駅まで客を届けるということになったらしく、
マイクロバスに乗るよう促される 。
最初からそうすりゃいいのに!!

途中、2度ほど雪崩で道を塞がれながら、
なんとか水上駅に到着。
時間は既に22時を超えていた。
21時台に電車に乗らなければいけなかった何人かの客は、
汪泉閣から紹介されたホテルに宿泊することになってしまった。
お気の毒様でした...。

水上駅から宿泊先へはタクシーで。
23時、ようやく今日の宿泊先のペンションに到着。
ペンションは遅れて来たにも関わらず、暖かくて美味しい食事を用意してくれた。
感謝感謝!!
1月4日(水)
さて、いよいよ水上から去る日がやってきました。
ペンションの車で水上駅まで送ってもらい、
昨日と同じ喫茶店で今日の行動を練る。

今日は水上駅近辺にある温泉に入りに行くことにする。
アタリをつけてタクシーで移動!
...のつもりが、駅前でいくら待ってもタクシーが来ない!
仕方なく温泉街まで歩いてお茶を濁すことに...。
流石に運動靴はキツイので、駅前の雑貨屋でゴム長靴を買う。
こんなの履いたの何十年ぶりだろう...。

しかし、この長靴が大変重宝!!
水が入らないので足が濡れないし、歩き易いし!
最初からこれ買えば良かった〜!
利根川
温泉街への道の途中で見た利根川と水上の町並み。
雪国の風情たっぷりです。
水上温泉街
渓流風呂
水上駅から雪道を歩いて温泉街へ到着!
温泉街には旅館やホテル、
それに温泉街には付き物のストリップ劇場なんかも
ありました〜。

街のあちこちで雪かきに追われてる人も沢山見ました。

途中、ラーメンを食べて更に移動。
水上峡近くにある「ひがきホテル」で
日帰り温泉の看板を発見!
入浴料1000円を払っていざ温泉へ!

温泉は内湯の他に渓流風呂という、
風呂場から利根川を望める露天風呂があった。
風呂に浸かっていると、山の中腹に走っている
上越線の電車も見えたりして
なかなかの風景でありました。

このあと、ホテルで呼んでもらったタクシーで水上駅へ。
17時発の特急で帰路に着きました。

今回はスノーシューに温泉の旅でした。
スノーシューで雪山を歩き、雪の中を温泉に浸かり、
更に雪の影響による交通渋滞に巻き込まれ...。
と、たった2日間なのにかなり濃いぃ雪国体験旅行でした〜!

 


 

[プロフィール][フォト日記] [ギャラリー][素材集]
[リンク] [フト日記][掲示板]