『乾坤一擲』

ふたばの森の生徒による展覧会『こどう展』、
赤レンガ倉庫ラウンド (2010.12.22〜26)に出展した作品。

「伸る」と書いて、「のる」と読みます。
弓矢の矢は竹で作りますが、
そのままだと反り返って使えないものもあります。
それを竹をまっすぐにする筒に入れて修正します。
でも、中にはまっすぐにならない竹もあるそうで、
一種賭けみたいなものだったようです。
「伸るか反るか?」 は、
弓矢の職人が筒から竹を取り出す時に発する言葉が語源だそうです。

今、自分が置かれている状況は、
まさに「のるかそるか?」。

伸るか?反るか?

 

『蛇行』

ふたばの森の生徒による展覧会『こどう展』、
円覚寺、佛日庵ラウンド (2010.4.23〜25)に出展した作品。

2009年10月に奈良に旅行に行ってきました。
その時に紀伊半島を横断する長距離バスに乗ったのですが、
車窓から見える、山間を蛇行する熊野川の雄大さが強烈に印象に残りました。
その景観を書にしてみました。

「山」という漢字を、蛇行している川のようにくねらせることで、
山のあいだを縫うように流れる川を表現しました。

蛇行

 

『骨』

書道家武田双雲さんの書道教室『ふたばの森』。

その生徒さん達が主宰で開催された展覧会「書ノ空」 (2008.9.18〜23)に出品した作品。


自分は7歳の時に右腕の関節部分を骨折しました。
その後手術で無事繋がりました。
リハビリしましたが右腕は完全には曲がることはありませんでした。
でも何とかこうして生きてます。
人間、多少不具合があってもなんとかなるもんです。
骨

 

2009年3月13〜15日に、藤沢市にある「蔵まえギャラリー」にて
ふたばの森火曜クラスの有志による書道展
「筆文字アート展 跳躍〜筆萌える春〜」 が開催されました。

下の3点はその時に出品した作品です。

『花嵐』
桜が強風で散っている様子を表現してみました。
花嵐
『春』
テーマは“書と漫画のコラボ”。

春の字の横画は、上から順に土筆、新一年生、春眠。
左はらいは冬眠から目覚めた動物達。
右はらいは春のセンバツ高校野球。
「日」は花見の様子を描き、
書と漫画で“春”を表現してみました。
春
『球春』
春といえば、自分的に真っ先に思い浮かべるのは「球春」。
芝生にボールが跳ね上がった瞬間を表現してみました。
球春